JR東日本のBRTで2回目の自動運転実験...前回よりも実運用に近い形に 11月25日から

JR東日本のBRTで2回目の自動運転実験...前回よりも実運用に近い形に 11月25日から

  • レスポンス
  • 更新日:2019/11/11
No image

自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。

もっと画像を見る
JR東日本など10者は11月8日、JR東日本が運営しているバス高速輸送システム(BRT)の自動運転化へ向けた技術実証実験を行なうと発表した。

2018年12月から2019年3月にかけて行なわれた大船渡線BRTでの実験に続くもので、今回は宮城県登米市内の気仙沼線BRT柳津~陸前横山間4.8kmで11月25日から2020年2月14日まで実施される。

実際の営業用車と同じ「日野ブルーリボンシティ」を使用して行なわれ、JR東日本のほか、先進モビリティ、愛知製鋼、SBドライブ、京セラ、京セラコミュニケーションシステム、ジェイテクト、ソフトバンク、日本信号、日本電気の各社が参画。それぞれの役割分担により、車線維持制御や速度制御、トンネル内走行、障害物検知、交互通行、車内モニタリングなど、前回より実運用に近い形で実験。実験中は緊急時を考慮してドライバーが同乗する。

なお、この実験に伴ない、営業運行しているバスは11月25日から2020年2月24日まで柳津~陸前戸倉間が一般道経由に変更される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「スバル360」が60年経っても未だに現役な理由
ヤフーとLINEなぜ統合? 利用者のメリットは―ニュースQ&A
BMW 7シリーズ も完全電動化か、極秘テスト車両を目撃...メルセデスEQSに対抗
「新築」という呪縛  日本に中古は根付くのか 中古活性化を阻むしがらみ 「脱新築時代」は来るか?
三菱「デリカD:5」、ファンが溺愛してしまう「超個性的」な理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加