台風18号、九州強風域に

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/09/16

大型で強い台風18号は16日午前、ゆっくりと東シナ海を北東に進み、九州の一部が風速15メートル以上の強風域に入った。秋雨前線も活発化し、宮崎県を中心に大雨に。17日午前には九州に上陸する恐れがあり、交通への影響が出始めている。

気象庁によると、16日正午現在、台風18号の中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径200キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

宮崎市赤江では、16日正午までの24時間雨量が観測史上最大の385.5ミリを記録。福岡県でも、早い所で17日朝には暴風域に入る恐れがある。

空の便は16日、天草エアラインが福岡発天草行きなど5便を欠航。日本航空や全日空も鹿児島や宮崎便などで欠航が出ている。西日本鉄道は16日深夜の福岡発鹿児島行きなど高速バス2便を運休。博多と福江を結ぶフェリーが16、17日の2便、福岡、対馬と韓国・釜山をつなぐJR九州高速船は17日の全便が欠航する。

=2017/09/16付 西日本新聞夕刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
栃木・那須町長が入院 副町長が職務代理
【報ステ】福島第一原発 廃炉工程見直し
手作りおもちゃが届かない、ネット販売の業者直撃
壁が緑一色に 鹿児島でカメムシが大量発生、写真がTwitterに続々と 台風18号の影響か
福岡パルコ・アパレル店員が「缶ビール」片手に接客 ツイッター「告発」に騒然、店側の説明は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加