柴崎スペイン2強から得点決めた初の日本人選手に リーガ初得点はバルサから

柴崎スペイン2強から得点決めた初の日本人選手に リーガ初得点はバルサから

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/24
No image

バルセロナ戦の前半、先制ゴールを決め喜ぶヘタフェの柴崎。自身の1部リーグ初得点(ロイター=共同)

「スペインリーグ、ヘタフェ1-2バルセロナ」(16日、ヘタフェ)

サッカースペイン1部リーグ、ヘタフェのMF柴崎岳(25)が16日のリーグ、バルセロナ戦でゴール。柴崎は鹿島所属時代の2016年クラブワールド杯決勝でレアル・マドリードから2得点を挙げており、世界的な強豪でもあるスペイン2強から得点した最初の日本人選手になった。

39分、ゴール正面から左足ボレーで自身にとってスペイン1部リーグでの初ゴールを決めた。またこの得点はバルセロナにとって今季リーグ初失点。それまで最後のバルセロナの失点は昨シーズン最終節、エイバルの乾からで、バルサが失点を許した日本人は2人目。なおスペイン1部リーグではこれまでにFW城彰二(当時バリャドリード)、FW大久保嘉人(当時マジョルカ、現東京FC)、MF家長昭博(当時マジョルカ、現川崎)、MF清武弘嗣(当時セビリア、現C大阪)の5人が得点を決めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“黄金の左足”は健在! 英雄ギグスの豪快ボレー弾を英紙絶賛「現役時代がフラッシュバック」
酒井宏樹の評価が急上昇! 「鋭く、豪快で、美しい」とベスト11選出の全国紙が絶賛!
岡崎慎司がまた決めた! リバプールを相手に身体を張った気迫の一撃!
賛否両論が渦巻く岡崎の“泥臭い一撃” 英紙は「今節ベストショット12選」で紹介
ペップ・シティ、2季目で明確なスケールアップ。ここ3試合で16得点0失点、死角はあるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加