中日・福田20発へ“秘密兵器” 阪神から「レベルスイングバー」借用

中日・福田20発へ“秘密兵器” 阪神から「レベルスイングバー」借用

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

レベルスイングバーを使い素振りする福田

中日・福田永将内野手(29)が16日、大台の20発到達へ“秘密兵器”を導入した。甲子園の室内練習場で行われた練習で、福田は棒状の道具を手に取ってスイングを始めた。バットのようにグリップエンドがあり、先端部分にスポンジのついたミズノ社製の「レベルスイングバー」だ。

長さ約1.5メートル、重さ約700グラムで、体全体を使わないと正しく振れないアイテムだ。阪神から借りたもので、初めて振ったという福田は「すぐに感覚が良くなるかは分からない」と言いつつも、その後のフリー打撃では大きな飛球を連発した。逸品をきっかけに、和製大砲が目標の20発へスパートをかける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤクルト47年ぶりの90敗、残り7試合でワースト94敗の危機も
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その3】
日本ハム斎藤佑樹、後輩清宮プロ入り判断「大正解」
金本監督「片岡コーチの強い推し」ロジャース復帰弾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加