競泳・大橋悠依 苦手の短水路克服だ 「練習の成果を出して更新したい」

競泳・大橋悠依 苦手の短水路克服だ 「練習の成果を出して更新したい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

短水路の競泳W杯東京の前日会見に出席した大橋(前列左端)

「競泳・日本短水路選手権兼W杯東京大会」(14日開幕、日本ガイシアリーナ)

競泳女子の世界選手権銀メダリスト、大橋悠依(東洋大)が13日、短水路(25メートル)で争われるW杯東京大会(14、15日。東京辰巳国際水泳場)の前日会見に出席した。

長水路では400メートル個人メドレーで4分31秒42の日本記録を持つが、記録が伸びるはずの短水路では4分30秒27。「ベストがあまり変わらないので練習の成果を出して更新したい」。長水路の倍となるターンへの苦手意識を克服する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
加熱式タバコ、半年吸ったら健康になった!?
「キラキラネーム」が原因でいじめられた女性 「親を恨みます」に同情の声も
西川史子、日馬富士と「泥酔大暴れ」報道否定「離婚早まったのは事実」
乃木坂46白石麻衣、メンバーから“下着”に疑惑 実姉の暴露も
大原優乃 サイパンで魅せた発育中天然ボディと笑顔にメロメロ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加