【納得】幼稚園生の心理「一生懸命さが可愛くても笑ってはいけない理由」

【納得】幼稚園生の心理「一生懸命さが可愛くても笑ってはいけない理由」

  • feely.jp
  • 更新日:2017/12/06

幼稚園生が一生懸命に何かをしているのを見て、可愛らしさについつい笑ってしまうことってありますよね。

でも、そんな大人の心理に注意を呼びかけるようなツイートが話題になっています。

笑わせようと思ってない場面で笑われるのは恥ずかしい

No image

子供が幼稚園のとき、おゆうぎ会で先生から注意されたことで、子供の演技を見て笑わないでくださいというのがありました。可愛いから親はつい笑ってしまうのだけど、子供は真剣にやっているので傷つくのだと。「笑わせようと思ってない場面で笑われるのは恥ずかしい」というのは本能に近いらしいです。
— 大西科学 (@onisci)
2017年12月4日
from Twitter

そうなのですね…

幼稚園生は幼稚園生なりに一生懸命演技をしているので、笑われると傷つくんですね。

我々大人であれば当然感じる心理かもしれませんが、幼稚園生でもやはり同じように感じるとは驚きです。

一方で、「わざとおどけたことをして親が笑ってくれたら嬉しい」というのも、かなり小さい頃からあることなので、「真剣な行為への予期せぬ笑いは不快」とこれを区別する機能はかなりプリミティブなものらしい。きっと「他人と同じことを間違いなくする」みたいなことの習得、学習に必要なんだと思う。
— 大西科学 (@onisci)
2017年12月4日
from Twitter

逆に、「笑わせたい」と思っている時に笑ってやると、子供は満足感を抱くそうです。

これは「達成感」の一種として、幼稚園生にも備わっていると言われても不思議はありませんね。

こうしたツイートに対し、賛同の声が上がっています。

全く同じことを保育園からお願いされます。実際、二歳児クラスの下の子は、自分がやっていることを親が可愛くて笑ってしまったのに気づくと、半泣きで「なんで笑うの!笑わないで!」と怒ります。真剣には真剣で返すのは子どもも大人も変わらないですね。 https://t.co/5hvGyIgoan
— 働きママ時々女子 (@muchulo3ol)
2017年12月4日
from Twitter

これ、私自身が園児の時にまさにこう思って母親にガン切れしたのを覚えてますわ。「おかしいから笑ったんでしょ!」って。
rt
— あんの@TB (@anosoraTB)
2017年12月4日
from Twitter

バカにされた、と感じるよね…。
大人として、それをしないのは大切なことだよね…。
— Fen109 (@Fen109)
2017年12月4日
from Twitter

子供の頃、ウケを狙ってやってる訳でもない自分の言動や仕草を親とかにゲラゲラ笑われる事が多かったけどすごく不快だったなあ>RT
「可愛いから笑ってるんだよ」って言われたけどバカにされてるとしか思えなくて。せめてその笑いは堪えるなりして子供に向けないで欲しいね。
— 野苺 あくあ (@Bf36Jack14)
2017年12月4日
from Twitter

自身の子供の頃の思い出を振り返って共感の声をあげている人も見られます。

私たちが幼稚園生と接する時、幼稚園生の考えていることはこちらは分かるが、こちらの考えていることは向こうには分からないだろうというような感覚に陥りがちになります。

それはある程度まで正しいことなのかもしれませんが、やはり幼稚園生には彼らなりの心理感覚があり、大人がそれを思いやらずに振舞ってしまうこともあるのだということは意識しておいた方がいいのかもしれません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
胸にくるショート漫画「いいこいいこポンポンおじさん」に反響 「涙がとまらない」「癒された」「このおじさんほしい」
【衝撃】元ネットカフェ店員が語る「マジで迷惑な客」ベスト5がカオスすぎてヤバイ! 本当にそんな客いるのかよ!?
鉄拳さんのパラパラ漫画、これまた泣ける。自分を見つめ直したくなった
【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果...嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」
「最近ブスが多い」 マツコが考える「ブスの増えた理由」に賛同の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加