鈴木啓太氏DAZNアンバサダーに就任、浦和に注文

鈴木啓太氏DAZNアンバサダーに就任、浦和に注文

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05
No image

DAZNのアンバサダーに就任した鈴木啓太氏(撮影・村上幸将)

元浦和レッズの日本代表MF鈴木啓太氏(36)が5日、Jリーグの全試合を生配信する映像配信サービスDAZNのアンバサダーに就任した。同日、横浜アリーナで行われたJリーグの年間表彰式「2017Jリーグアウォーズ」の席上で発表された。

鈴木氏は「DAZNがJリーグを応援している。Jリーグ出身の人間として、アピールするのは当然。またDAZNが持っているさまざまなコンテンツ…ラグビー、テニス、欧州チャンピオンズリーグ…さまざまなスポーツを、アスリートとしての経験を交えながら伝えたい」と抱負を語った。また「サッカーのサポーターの方に他のスポーツを知っていただく、他のスポーツのファンの方にJリーグを見てもらう…そういったところにアピールしていきたい」と、スポーツの懸け橋になる考えを示した。

今季のJリーグについて「やはり川崎フロンターレの優勝は、Jリーグファンとしても、なぜ出来ないんだという思いはたくさんあったと思う。優勝は大きな出来事。DAZNから入る大きな賞金で、またさらなる補強であったり、強いチームに変わっていくんじゃないかと楽しみ」と、川崎Fの優勝をたたえ、来季に期待した。

来季の注目ポイントについては「やはり浦和がアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)、川崎Fがリーグを取って、鹿島が自分たちが手に入れられるところで逃した…この3チームが中心になると思うけれど、サッカーを取り巻く環境の中で、人の動き、チームの補強…さまざまなことが速度が速く、変わってきている。どこが優勝するのか、タイトル争いに絡むのか、予想がつかないのが今のJリーグ。オフ明け、キャンプで、いろいろなキャンプを回りたいので、お伝えしたい」と分析した。

古巣の浦和は今季、ACLを獲得も、リーグ戦は7位と低迷。ラスト3試合で3連敗し、ACL獲得後の川崎F戦、最終節の横浜F・マリノス戦ともに0-1と完封負けした。鈴木氏は「シーズン途中に堀監督に代わって、今まで足りなかった部分を積み重ねてアジアを取れた。だからこそ、ものすごく注目が集まるけれど、アジアを取った後、2回、試合をやって負けた。簡単に勝てることではない。もしかしたら選手の入れ替えもたくさん、あるかも知れない。アジアを取ったベースに、さらなる上積みは必要なのかも」と指摘。その上で「OBとして思うことは、できる限り選手に対しての投資して欲しい」と注文を付けた。【村上幸将】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
追い付かれても突き放す...夏の全国王者・法政大、びわこ大に競り勝ちベスト4進出!
関東勢連破や!貫禄「レオ」弾には劇的「レオ」弾!!関大がPK戦で順大撃破、7年ぶり4強へ
後半に中野誠也投入も前回王者・筑波大が敗退...初出場・東京国際大がPK弾を守り切りベスト4進出
「最初、ふざけんなよと」 日本代表FW小林が明かす、韓国戦“PK弾”の舞台裏とは?
千葉MF矢田旭が“9年半”在籍した名古屋に別れ...レンタルから完全移籍へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加