トヨタが続落、売買代金は、任天堂、ソフトバンクGに次ぐ3位に浮上

トヨタが続落、売買代金は、任天堂、ソフトバンクGに次ぐ3位に浮上

  • モーニングスター
  • 更新日:2018/02/13
No image

13日のトヨタ自動車<7203>の株価は続落した。寄り付きが7480円、高値が7490円、安値が7250円、終値が7276円で、前週末比189円(2.53%)安。寄り付きと終値の比較では204円安だった。

出来高は、前週末の942万6800株から1010万5600株(前週末比7.2%増)へ増加。売買代金は前週末の698億6909万円から745億2491万円(同6.7%増)に膨らんだ。東証1部のランキングでは出来高が29位。売買代金は、任天堂<7974>、ソフトバンクグループ<9984>に次ぐ3位に浮上した。

13日のNYダウは大幅続伸。トヨタのADR(米国預託証券)価格は、前週末比0.74ドル安の138.02ドルで、円換算値は7501円だった。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三越伊勢丹、ブランド力過信し成長停滞...前年比4割減益で赤字転落寸前
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
東京の人口集積度、インド・デリー以上で世界ダントツに...転入超過に歯止めかからず
一夜にして5千万円近くが消失、“恐怖指数”金融商品の恐怖
どう見てもレーシングマシン!?なのに公道を走れる国産スーパーカー『IF-02RDS』【今すぐ買える!普通じゃないクルマ&amp;バイク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加