浦和のエースキラー槙野、次なるミッションはアルヒラルの元フランス代表FWゴミス封じ!

浦和のエースキラー槙野、次なるミッションはアルヒラルの元フランス代表FWゴミス封じ!

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/10

浦和は9日(日本時間10日)、アルヒラルとのACL決勝第1戦を迎える。エースキラーのDF槙野智章(32)に託されるのは、元フランス代表の“FWゴミス封じ”だ。今季ACLで10得点と得点ランク首位に立つストライカーだ。

No image

浦和・槙野がエースキラーの本領を発揮する

「映像はいっぱい見ました。ボールの収め方は大迫選手に近い。得点のきゅう覚はすさまじく、ゴールの取り方を知っている。(元イタリア代表の)MFジョビンコが持った時の動き出しは要注意。3バックの3人で抑えたい」。

90分を通じて優位に戦うには、ファーストコンタクトでガツンとかますことも重要だ。「最初の10分、一対一で(感覚を)つかみたい。一発目で(相手が嫌がる)印象を与えたい。相手をイラつかせ、普通のメンタルではいられないようにすること」と話す。

槙野と言えば、今季のACLでも上海上港のアルナウトヴィッチ、フッキ、北京国安のバカンブ、広州恒大のタリスカら、強烈な外国人FWと渡り合い、勝ち上がって来た。「いつもマークするのは外国人ばかり、データはあります」と不敵に笑った。

もちろん、敵地で戦うアルヒラル戦の厳しさも知っている。「大アウェーですから。雰囲気に飲み込まれないようにしたい。2年前の経験もありますし、我慢強く戦いたい」。時に激しく、したたかに。エースキラー槙野が浦和のゴールに鍵をかける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横浜FC・俊輔、J1昇格へ意気込む「クラブに関わる全ての人のために
至学館大監督復帰の栄氏「ゼロからの出発」コメ全文
「浪速のアンリ」平井将生インタビュー!ガンバの育成、最高のパサー、そして現在
札幌鈴木武蔵、ベネズエラ戦で無念交代も成長期す
FC東京 DF室屋、初優勝へ 最後の一秒まで全力「タイトル獲れば確信に変わる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加