「一票の格差」訴訟 「違憲状態」判決相次ぐ

「一票の格差」訴訟 「違憲状態」判決相次ぐ

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

「一票の格差」の訴訟で、19日も「違憲状態」の判決が相次ぎました。

7月の参院選を巡っては、最大で3.08倍の一票の格差があり、弁護士グループらが憲法違反だとして選挙の無効を求める訴訟を全国で起こしています。19日は3つの高裁やその支部で判決があり、仙台高裁秋田支部と広島高裁は「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態であった」などとして「違憲状態」とする判決を言い渡しました。選挙無効の請求は退けました。一方で、福岡高裁宮崎支部は「新たに2つの選挙区に合区を設けるなど、投票価値の不均衡の是正を図っている」などとして、合憲と判断しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
多摩川遺体“少年の行方”捜す男女の影も―
暴行死「もう一人の孫の方がかわいかった」
2歳の女児救った複数の奇跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加