犬が真冬に体調を崩してしまう3つの原因と予防策

犬が真冬に体調を崩してしまう3つの原因と予防策

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2018/02/18
No image

犬が真冬に体調を崩す原因とは?

No image

寒い日々が続いていますが、皆さん、体調を崩さないようお気を付けください。さて、真冬は人間だけでなく、犬も体調を崩しやすい季節と言われていますが、犬が真冬に体調を崩してしまう原因とは何なのでしょう。

1.室内外の温度差

No image

まず、原因の1つとして考えられるのは、散歩時の室内外の温度差です。真冬は家の中では暖かくいたいという思いから、暖房器具などを使用してなるべく暖かくするよう努めているご家庭が多いと思います。

その暖かい室温に体が慣れてしまい、散歩時に外へ出た際、外の気温の低さに犬が体温調整を上手くすることができず、結果的に体調を崩してしまうという理由が考えられるのです。

また、「寒い」という考えから、既に部屋は暖かくなっているにも関わらず、「もっと暖かく」とエアコンの温度設定を上げてしまい、必要以上に暖かくしている家も少なくありません。このような状況も体調不良を引き起こしやすい原因となります。

2.乾燥

No image

冬は乾燥の季節と言われるほど、1年間の中で最も乾燥に注意が必要な季節です。いかし、それは人間だけではありません。犬も乾燥により、皮膚が痒くなってしまったり、風邪を引き起こしやすくしてしまう状況が作り出されている可能性があります。

また、乾燥を放置してしまうと、気道の粘膜が乾燥し機能しにくくなってしまうことにも繋がります。そうすることで、体内に最近が侵入しやすくなってしまったり、最悪の場合、肺炎などを引き起こす恐れもあります。

実際、加湿器などを使わなければ、室内の湿度は私たちが思っている以上に低くなっており、気付いたら30%以下となっていることも珍しくありません。湿度計をつけることができるのであれば、犬にとって必要とも言われている40%は上回るようにしておきましょう。

3.水分補給頻度が減る

No image

冬は寒いため、人間と同様、犬も水分補給を自ら行わなくなってしまうことがあります。「喉が渇いた」よりも「寒いから冷たい物を口にしたくない」という気持ちが勝ってしまい、水分補給不足に陥ってしまいやすい季節でもあります。

先ほどもお話ししたとおり、冬は乾燥に気を付けなければいけません。乾燥しているにもかかわらず、水分補給をしていなければ、余計に乾燥による症状を悪化させることもあります。

また水分を摂取しないことにより、おしっこの回数も減ってしまうため、膀胱炎になってしまう可能性も否定できません。おしっこの回数が少ないと感じたら、すぐに水分補給対応するように心がけましょう。

体調を崩す前に予防策を知っておこう

No image

このように真冬に体調を崩す理由は大きく3つの原因が挙げられます。これらを未然に予防すべく、私たち飼い主は愛犬のためにどのような予防策を行うことができるのでしょうか。

散歩時の防寒対策

まず、室内外の温度差には犬に防寒させることで体感温度差を少しでも開かないようにする事ができます。例えば、服を着せたり、犬用の靴を履かせることで、外の冷たい空気や冷たいアスファルトから体や肉球を守ることができます。

しかし、散歩の前や後も服を身につけたまま部屋の中で過ごさせるというのはいけません。そうしてしまうと、せっかく体感温度差を感じさせないように対処しても、結局室内でも着用してしまうことにより、体感温度差を縮めることができなくなってしまうからです。

外出時に服を着せるタイミングは、必ず散歩に行く直前です。常に着用しているという状態にならないよう注意しましょう。

暖房器具だけでなく加湿器も使用

No image

冬は乾燥が大敵だという話が出ましたが、乾燥を未然に防ぐために最も手軽に使えるアイテムが加湿器です。やはり湿度を上げるという点においては、加湿器が最も効果的です。

また犬自身の保湿対策として、刺激性のない保湿クリームを肉球に軽く塗ってあげたり、食事をドッグフードだけでなく、新鮮な野菜を食べさせるだけでも保湿効果に繋がります。

こたつを設置しているご家庭の場合、こたつの中に入りっぱなし、なんて状況がよくあると思いますが、これも乾燥の原因となってしまいますので、時々中から出してあげるようにしましょう。

水を飲むよう促す

水分補給を自分でしない場合、飼い主さんが自ら愛犬を水皿まで連れて行き、飲ませてあげることが必要になってきます。お皿から自分で飲まない場合には、飼い主さんが手で水をすくい、手から飲ませるという方法もあります。

他にもキャベツなどの水分を多く含んだ野菜を食べさせることによって水分補給することも可能ですので、そのような野菜をおやつ替わりに与えるようにしてもよいでしょう。

まとめ

No image

いかがでしたでしょうか。このように冬は室内外の温度差や乾燥、水分補給不足などが原因となり、体調を崩しやすい季節となります。なるべく愛犬の様子を観察しつつ、できる範囲で予防策を実行するようにしましょう。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

春はワンコの身体をデトックスさせるオススメの季節

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
汐里

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
母から2000万奪った大銀行の"合法手口"
日本酒に「醸造アルコール」を入れるのはなぜ?本当の理由を教えます!
日本人で多い誕生日は「4月2日」!1番少ないのは...?
なぜアメリカ人は真っ青なケーキを平気で食べるのか? その理由がほぼ判明
絵の中に何が見える?最初に見えたものであなたの性格がわかるらしい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加