酒飲んでタンカー操縦か “防波堤衝突”航海士の男

酒飲んでタンカー操縦か “防波堤衝突”航海士の男

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/14
No image

動画を見る(元記事へ)

航海士の男は酒を飲んで操縦していました。

13日午後7時ごろ、広島県江田島市でタンカー「東亜丸」が防波堤に衝突し、周辺にあった牡蠣(かき)の養殖いかだを壊しました。また、機関長の男性(55)が首の骨を折るなどの重傷を負いました。これまでのところ、油の流出は確認されていません。業務上過失傷害などの疑いで逮捕された航海士の川嶋幾男容疑者(63)は、酒を飲んでタンカーを操縦していて、予定された航路からは大きく外れていたということです。海上保安部が事故の原因を調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昭恵夫人はいつまでしらばっくれるのか
パトカーが交差点で衝突 緊急走行中に赤信号で進入
奈良県の“元暴力団市議”問題に地元記者は及び腰「報じたら自分や家族が危ない......」
2月の北海道 70年ぶりの寒さに?
「言い方が極端」「時代遅れ」ネット炎上 落語家の“貧困は自分のせい”発言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加