最新ランキングをチェックしよう
地銀が連携してバックアップする「せとうちDMO」が前進

地銀が連携してバックアップする「せとうちDMO」が前進

  • ZUU online
  • 更新日:2016/10/20

いま、多くの県や市、町で、さまざまな観光を基盤とした街づくりが進められている。しかしその試みの多くは行政区域単位であり、限界も指摘されている。一方で、瀬戸内海に面する7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)は、地元の関連事業体や地方銀行が集い、連携して瀬戸内の魅力を発掘・発信する活動を展開している。その中心的な役割を担っているのが、「せとうち観光推進機構」だ。■「瀬戸内ブラン

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GM世界販売、1.7%減の468万台 2017年上半期
有名日本企業の海外での相次ぐ「撃沈」は、モデル転換の痛み―中国専門家
TENGA史上初、電動モデル登場 「新次元の気持ちよさ」
BMW、次世代電動車用アーキテクチャを開発中...フルライン電動化が可能
家電はもう頭打ち? 量販店「ビッグ3」が進む業態変化の行く末
  • このエントリーをはてなブックマークに追加