最新ランキングをチェックしよう
地銀が連携してバックアップする「せとうちDMO」が前進

地銀が連携してバックアップする「せとうちDMO」が前進

  • ZUU online
  • 更新日:2016/10/20

いま、多くの県や市、町で、さまざまな観光を基盤とした街づくりが進められている。しかしその試みの多くは行政区域単位であり、限界も指摘されている。一方で、瀬戸内海に面する7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)は、地元の関連事業体や地方銀行が集い、連携して瀬戸内の魅力を発掘・発信する活動を展開している。その中心的な役割を担っているのが、「せとうち観光推進機構」だ。■「瀬戸内ブラン

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京モーターショー2017】スズキ二輪車の出品予定...ワールドプレミア2台[写真蔵]
ソフトバンクがAI新会社設立へ、孫社長「300年帝国」の野望が始動
中小企業こそ成果主義、人事で売上高5倍も
衰退する日本で、商社だけがなぜ「勝ち組」になれたのか
エプソンが高級腕時計を突然発売した理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加