ロッテ林球団本部長 伊東監督去就は「最終的な判断はオーナー」

ロッテ林球団本部長 伊東監督去就は「最終的な判断はオーナー」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇パ・リーグ ロッテ0―3西武(2017年8月12日 ZOZOマリン)

No image

<ロ・西>試合を見守る伊東監督

ロッテの林信平球団本部長は12日、今シーズン限りで契約が切れる5年目の伊東勤監督(54)について「手腕は評価している」と話した。

チームは33勝67敗1分けの借金34で最下位と低迷するが、林本部長は「外国人が期待通りの活躍をしていないし、日本人も昨年と同じような成績を残せていないのも事実」と指摘。球団方針については「最終的な判断は(重光)オーナーです」とした。伊東監督は「何もない。この成績を見て、皆さんがどう判断されるかです」と話すにとどめた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3回戦突入!東海大菅生、二松学舎大附は2年ぶりの東京都勢ダブル8強入りはなるか?
伊東監督「全部つまらんエラー」サヨナラ悪送球嘆く
ダルビッシュ人気沸騰 使用済みユニ100万円 Tシャツ売上げチームトップ
[UAチャレンジカップ]MF河合の決勝点で慶應義塾志木が宜野湾に競り勝ち2連勝(20枚)
DeNA今永が初10勝 女房役嶺井と爆笑お立ち台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加