川崎F奈良、左脛骨骨折で全治3~4カ月

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

川崎Fは19日、DF奈良竜樹(23)が左脛骨(けいこつ)骨折で、復帰まで3~4カ月程度を要する見込みと発表した。

奈良は5月の神戸戦で同じ箇所を骨折して離脱。9月に復帰したが、7日の練習中に負傷していた。17日には川崎市内の病院で検査を受けていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
涙には様々な思い...柿谷が語った「ケンペスのおかげ」
[MOM1963]広島ユースFW山根永遠(3年)_優勝決める4発!相手脱帽させた“スーパーな選手”
本田圭佑、久々の出場で決勝ゴール演出
【蹴球日本を考える】なぜ浦和は“勝負弱い”ままなのか?
岩政「岡山で2年間でやり切った」...現役引退にも含み「いろいろと考えたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加