14日夜〜15日明け方「ふたご座流星群」が見ごろに 月明かりも弱く、太平洋側は観測チャンス

14日夜〜15日明け方「ふたご座流星群」が見ごろに 月明かりも弱く、太平洋側は観測チャンス

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/12/08
No image

ウェザーニューズは、3大流星群の1つである「ふたご座流星群」の見ごろとなる14日夜から15日明け方の全国の天気傾向を発表しました。日本海側は雲が広がりやすいものの、太平洋側は晴れて好条件となりそうです。

14日夜から15日明け方は冬型の気圧配置となり、雲の少ない太平洋側や沖縄・奄美では流星観測に期待ができます。日本海側では雲の隙間から観測を狙う形となり、九州南部・北陸・北日本の日本海側では観測が難しくなりそうです。また、この時期としては寒さは控えめとなる予想ですが、晴れるエリアでは放射冷却現象で冷え込みが強まるため、寒さ対策も必要です。

「ふたご座流星群」は早い時刻から流星が出現しはじめ、ほぼ一晩中流星が出現。今年は出現ピークが新月直前に当たるため、月明かりの影響を受けない絶好の条件で観測できます。特に放射点が空高く上がる21時以降の観測がオススメです。

No image

また、ウェザーニューズは「ふたご座流星群」の様子を14日20時から22時30分まで流星特別番組で国内3カ所から生中継。番組はウェザーニューズのサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!などでみることができます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タックスヘイブン税制 サンリオ 11億円追徴課税
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
清水アキラ三男良太郎被告、風俗嬢に覚醒剤口移しも
あの人気キャバクラ、悪魔的脱税が発覚!キャバ嬢から搾取、税金まったく払わず!
清水良太郎被告、覚醒剤“口移し”で吸わせた「私は腐った人間です」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加