レスター、エースのPKで追いついてドロー。岡崎は後半途中から交代出場

レスター、エースのPKで追いついてドロー。岡崎は後半途中から交代出場

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/09/17
No image

レスター・シティはハダースフィールドとドロー【写真:Getty Images】

【ハダースフィールド 1-1 レスター・シティ プレミアリーグ第5節】

イングランド・プレミアリーグ第5節が現地時間の16日に行われ、ハダースフィールドとレスター・シティが対戦した。

前半は両チームともに決め手を欠き、スコアレスのまま終了。だが後半開始からすぐに試合は動く。キックオフからわずか1分、ハダースフィールドの新戦力FWドゥポワトルがDFを振り切ってゴール前に抜け出し、移籍後初ゴールとなる右足シュートを蹴り込んだ。

だがレスターもすぐさま反撃に転じ、50分にエリア内へ侵入したキングが倒されてPKを獲得。エースのバーディーが確実に決めて試合を振り出しに戻した。

そのまま1-1で迎えた69分には、レスターは先発のFWイヘアナチョを下げて岡崎慎司を投入。前節チェルシー戦では戦術的理由でベンチ外となった岡崎だが、攻撃を活性化させる役割を期待されての2試合ぶり出場となった。

だが結局両チームともに2点目を奪うことはなく、勝ち点1を分け合う結果で終了。レスターは1勝1分け3敗で暫定14位に位置している。

【得点者】
46分 1-0 ドゥポワトル(ハダースフィールド)
50分 1-1 ヴァーディー(レスター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
衝撃ゴールに反応...リーガ公式、ツイッターに柴崎岳のある画像を投稿
初先発で3得点に絡んだハメス、アンチェロッティも絶賛「大変良いプレーをした」
ネイマール、クラブにカバーニの売却を要求...“PK騒動”が原因か
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
「日本のヒットマン」「リバプールに天罰を下す」 1G1Aと大暴れの岡崎慎司を英メディアが激賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加