【G大阪】井手口が語るベテラン遠藤、今野の凄み「さすがだなってよく思うのは...」

【G大阪】井手口が語るベテラン遠藤、今野の凄み「さすがだなってよく思うのは...」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/12
No image

10月12日発売号の特集は「大胆予測! J1&J2全40クラブの補強戦略」

No image

急成長を遂げる井手口が、自らのパフォーマンス、そして、同じボランチの遠藤、今野についても語ってくれた。写真:川本 学

プロ4年目の今季、G大阪の井手口陽介は、まさに伸び盛りのシーズンを迎えている。所属クラブで主力に定着すると、日本代表では6月のシリア戦で国際Aマッチデビュー後、瞬く間に成長を遂げ、ワールドカップ最終予選のオーストラリア戦での活躍で株は急騰した。

その充実ぶりは、今季のリーグ戦での出場時間を見ても窺える。特筆すべきは、28節終了時点の合計分数(2,045)で、長らくG大阪の中盤を支えてきた遠藤保仁(1,765)、今野泰幸(1,470)のそれを上回っているのだ。

もちろん、コンディションさえ整っていたなら、ベテランふたりの出場時間はもっと伸びていたかもしれないが、驚くほどの急成長を遂げた若者がそれを阻んだのも確かだろう。言うまでもなく、それが井手口なのである。

トップチームへ昇格した2014年当時、途轍もなく大きな存在に映っていた遠藤、今野を、今は切迫している。そんな状況を本人はどう思っているのか――。

「実力的に越えたわけではありません。ヤットさん、コンさんには自分にない凄みがある。単純に比べられる存在じゃないし、出場時間が多かろうが、なんとも言えませんね」

ふたりの重鎮に一歩ずつ近づけている事実は「自信」として受け止めつつも、幾多の修羅場を潜り抜けてきた遠藤、今野と肩を並べるには、「まだまだ」だと感じている。

「さすがだなってよく思うのは経験値の高さ。どんな状況でも練習どおりに淡々とプレーしているのは凄い」

勇猛果敢に戦うピッチ内でのイメージとは裏腹に、謙虚に語った21歳の若武者は、現状に満足せず、さらなる成長を見据えて精進する覚悟でいる。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

※井手口選手のインタビュー全文は、10月12日発売の「サッカーダイジェスト」に掲載しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加