最新ランキングをチェックしよう
精子と卵子の受精は無作為に行われているのではない可能性を示す研究が登場

精子と卵子の受精は無作為に行われているのではない可能性を示す研究が登場

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/11/22

by Hannah Tasker
これまで、受精の時にどの精子が卵子の中へ入れるかは無作為で決まっていて、あくまで卵子は精子がやってくるのを受動的に待っているだけだと考えられてきましたが、研究者により、受精は無作為ではないらしいことが示されています。
Do Gametes Woo? Evidence for Their Nonrandom Union at Fertilization | Gene

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地球の細菌に勝てなかった『宇宙戦争』の火星人 医師の解釈は?
羊と人間のキメラ。人間の細胞を持つヒツジの胎児が誕生(米研究)
MIT開発のペーパー検査キット「SHERLOCK」!ガンやウイルス感染が一目でわかる
6万年以上前の洞窟壁画=ネアンデルタール人か-スペイン
「原子1個」を捉えた画像。英国の科学写真コンペ優秀賞も納得です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加