バリ島アグン山が大爆発!噴煙の高さ2500m 灰混じりの降雨(動画)

バリ島アグン山が大爆発!噴煙の高さ2500m 灰混じりの降雨(動画)

  • ハザードラボ
  • 更新日:2018/01/15
No image

11日に爆発したアグン山(Sutopo Purwo Nugroho @Sutopo_BNPB)

11日午後、インドネシア・バリ島のアグン山が爆発した。山頂火口内で成長する溶岩ドームに対する懸念が続いていたが、噴煙が上空2500メートルの高さに到達し、ふもとの村には火山灰を含んだ雨が降った。

同国国家災害管理局(BNPB)によると、火口内には東京ドーム1.6個分に相当する溶岩が蓄積していると推測されており、ここ数日以内に再び爆発すると危惧されていた。

現地時間11日午後5時54分に始まった噴火に伴って、黒々とした噴煙が上空2500メートルまで立ち上り、灰混じりの雨が降った。

Aktivitas vulkanik Gunung Agung masih tinggi. Erupsi Gunung Agung pada 11/1/2018 pukul 17.54 WITA mengeluarkan asap kehitaman berintensitas tebal dengan tekanan sedang. Tinggi kolom abu vulkanik 2.500 meter. Hujan abu di Kubu, Tulamben. Bandara beroperasi normal.#Bali#balisafepic.twitter.com/HqTxCkHgh6

— Sutopo Purwo Nugroho (@Sutopo_BNPB)2018年1月11日

バリ島の信仰の象徴となっているアグン山は、昨年11月21日、約半世紀ぶりに巨大爆発を起こし、一時は空港が閉鎖されたが、現在は平常通りの運航が続いている。

BNPBのストポ・プルウォ・ヌグロホ報道官によると、アグン山から半径6キロ以内は現在も立ち入りが規制されており、現在も12の村の住民が避難所での生活を余儀なくされている。

■日本国内の火山の現状については、ハザードラボ「火山マップ」で紹介しております。なお、12日の記事で、「アグン山で溶岩流が発生した」とありましたが、その後、BNPBから「溶岩流が発生したのはシナブン山」と訂正がありましたので、当サイトの記事も修正し、更新しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゾウに踏まれ、海で溺れ......タイで“ルール無視”の中国人観光客が死亡事故を起こしまくり!
新垣結衣にそっくりと話題の「中国のガッキー」、芸能界入りをキッパリ拒否
セックス動画拡散、少年少女1000人超を訴追へ デンマーク
日本人の83%が「韓国の慰安婦追加要求を拒否すべき」、調査結果に韓国ネットが落胆「日本人たちの良心はどこへ?」「許しを得られる機会なのに」
北朝鮮「美女軍団」の色香に惑わされるな! 平昌五輪参加の南北協議で北が切った危険なカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加