西武・浅村、2億1000万円で“単年”更改 来季こそ「3割・100打点」

西武・浅村、2億1000万円で“単年”更改 来季こそ「3割・100打点」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/12/05
No image

西武・浅村栄斗(C)KYODO NEWS IMAGES

西武の浅村栄斗は5日、球団事務所で契約更改交渉を行い、年俸2億1000万円(推定)の単年契約でサインした。

今季からは主将として、さらに伝統の背番号“3”を背負って挑んだシーズン。チームの顔として全143試合に出場し、打率.291、19本塁打、99打点の好成績を残した。

球団からは「主将としてよく引っ張ってくれた」と声をかけられたと言うものの、本人は「3割と100打点にあと一歩届かなかったのが悔しい」と個人成績の面では悔しさが残った様子。それでも「自分の成績よりも優勝しかないと思っている。日本一になりたい」と来季へ向けて意気込んだ。

また、「去年も今年も四球が取れなかった(38個・44個)」と自身を分析。「来年は四球を倍ぐらいにする」と目標を掲げ、「そうすれば打率3割というところも近づいてくると思うので、“四球”を意識したい」。20本にあと一歩届かなかった本塁打については意識せず、「打率と打点を大事にしていきたい」とした。

なお、契約は「単年」。「プレッシャーをかけながらやっていきたい」と、来季も勝負する気持ちで挑んでいくことを誓った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大物選手が対象となったケースも...パの「人的補償による移籍」を振り返る
1000人が選んだ「2017年の重大ニュース」ランキング
妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」
今季も二塁手の起用に苦しんだ巨人
日本一確率100%? ロッテドラ1・安田尚憲の進む道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加