[Alexandros]川上洋平が初演技! 中川大志×飯豊まりえ共演『きょうのキラ君』に友情出演

[Alexandros]川上洋平が初演技! 中川大志×飯豊まりえ共演『きょうのキラ君』に友情出演

  • シネマカフェ
  • 更新日:2016/11/30
No image

累計230万部突破の大ヒットを記録したみきもと凜の少女漫画を原作に、中川大志と飯豊まりえが共演する映画『きょうのキラ君』。この度、本作の主題歌を務める[Alexandros]のメンバーでVo.&Gt.川上洋平が、本作に友情出演していることが明らかになった。

誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”(中川大志)に恋をした“ニノ”(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近! 初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な“秘密”を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は…? 同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼なじみの澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない“365日”がはじまった。キラ君、あなたとずっと一緒にいたい――。

監督は『海月姫』『L・DK』など様々なラブストーリーを手掛けてきた川村泰祐。そして、学校中の女子が憧れるキラ君役の中川さん、ヒロインの“ニノ”役の飯豊さんほか、葉山奨之、平祐奈らフレッシュなキャストが集結している。

本作の主題歌は、人気ロックバンド[Alexandros]の書き下ろしラブソング「今まで君が泣いた分取り戻そう」。作詞・作曲を担当する川上さんが、原作の漫画と台本を読み「大切な人に対しての包み隠さない愛情」というテーマで、映画のために特別に書き下ろしている。そして今回、そんな主題歌を手掛けた川上さんが演じるのは、キラとニノが通う高校の英語教師。本編では授業シーンで登場し、メガネをかけすべて英語の台詞に挑戦する。

9歳から14歳まで海外に住んでいたという川上さん。当初、台本は日本語の台詞だったが、現場での監督のアイディアで急遽英語の台詞に変えて撮影したところ、より演技が自然になったためにそのまま本番を撮ったそう。川上さんは「笑わないで観てください、すごく真剣に取り組みました。初の演技、たぶんもう観ることは無いと思いますので、貴重な私の演技をぜひ楽しんでください」と照れながらメッセージを寄せている。

これに合わせて、出演シーンを撮り終った川上さんとほかキャストとの写真も解禁! 本編での登場は一瞬、川上さんの英語力の高さが伺える貴重なシーンを見逃さないで。

『きょうのキラ君』は2017年2月25日(土)全国にて公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【超高額バイト】バイオハザードが『日給8万1000円』のゾンビ警備員を募集しているぞーッ! 仕事も報酬もオイシすぎる!!
カンボジアの子どもたちに映画が届くコーヒー、クリスマス限定販売
ディズニー「ベイマックス」地上波初放送決定
「映画や小説のストーリーは全て同じルールに従っている」理論
ギレルモ・デル・トロ監督がコナミを痛烈批判―小島監督めぐり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加