<個別株動向>ファーストリテ、エンジャパン、アルファクス、CSP、文教堂HD=13日後場

<個別株動向>ファーストリテ、エンジャパン、アルファクス、CSP、文教堂HD=13日後場

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/10/13
No image

ファストリテ<9983>―野村証券は12日付で目標株価を4万5000円から4万9700円に引き上げ、投資判断は「Buy」を継続。前日比1920円高の3万6770円。

エンジャパン<4849>―13日付の株式新聞は新興市場面で紹介。前日比120円高の4420円。

アルファクス<3814>―株主優待を新設し、ナチュラルグリーンパークホテル(山口県山陽小野田市)の宿泊および天然温泉無料券を送付。前日比37円高の1537円。

CSP<9740>―勤務環境の見直しなどで労務費が増加、18年2月期第2四半期(17年3-8月)の連結決算は2ケタの減益で着地。前日比134円安の1910円。

文教堂HD<9978>―携帯端末で閲覧できる無料電子版の配信などの影響で主にコミックの売上が低迷、17年8月期の連結業績予想を引き下げ。前日比6円安の405円。◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
客にも従業員にも愛される日本一のホテル
住宅ローン、破綻する人の「マズすぎる返済計画」パターン
28歳にして仮想通貨で資産2億円の男 その成功法とは?
トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI」が発売 街に調和するニッポンの藍色ボディカラーが美しい
没落する日本の家電業界で、ツインバード工業がV字回復できたワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加