インド新車販売が新記録、10%増の401万台 2017年

インド新車販売が新記録、10%増の401万台 2017年

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/12
No image

スズキ・ビターラ・ブレッツァ

もっと画像を見る
インド自動車工業会は1月11日、インド国内の2017年の新車販売の結果をまとめた。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は、新記録となるおよそ401万台。前年比は10%増と、2桁の伸びを達成する。

インド乗用車市場でトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが2017年、インドでおよそ5割のシェアを獲得。韓国のヒュンダイ、地元インドのマヒンドラ&マヒンドラ、タタモータースが、マルチスズキに続いた。

首位のマルチスズキでは、Aセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『ディザイア』『バレーノ』などが、販売の中心。

SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、『エルティガ』、『Sクロス』、『ヴィターラ・ブレッツァ』が、販売を伸ばしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クリスマスしか食べないケンタッキーの危機...ファミマ怒涛のチキン攻勢に「食われ」始めた
旅行会社、急速な「不要化」で存在意義低下...JTB、国内・国外・訪日すべて減収の激震
しまむら、突然に深刻な売上減突入...「しまむららしさ」消失、しまパトの楽しみ奪う
資生堂が新ブランド「ポスメ」 女子高生が開発参加 多目的商品を26日発売
ビットコインで儲けた人に次々と税務署の調査!多額追徴課税!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加