鹿島ACL初戦ドロー 先制許すも遠藤弾で追いつく

鹿島ACL初戦ドロー 先制許すも遠藤弾で追いつく

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

鹿島対上海申花 後半、クロスを上げる鹿島DF内田(撮影・狩俣裕三)

<ACL:鹿島1-1上海申花>◇1次リーグH組◇14日◇カシマ

J1鹿島アントラーズが上海申花(中国)に1-1で引き分け、ドロースタートとなった。

8季ぶりに鹿島に復帰したDF内田篤人(29)、東京ヴェルディから移籍してきたDF安西幸輝(22)の両サイドバックが先発スタート。鹿島伝統の10番を背負ったFW金崎夢生(28)は控え。

開始早々の前半3分に先制点を奪われた鹿島は、ボールを支配するも攻めてに欠きリードを許したまま前半が終了。

後半6分にエリア内の混戦からFW鈴木が左足でシュート、ボールはゴールキーパーに弾かれるも、詰めていたMF遠藤が体で押し込み同点に追いついた。鹿島はその後も、内田、安西の両サイドバックを中心に攻め立てるも得点を奪うことが出来ず、そのまま試合終了。

ACL初戦は引き分けとなった。次節は21日にアウェーで水原三星(韓国)と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
古閑美保、TBSアナの小平に「獣」発言を擁護「そうなれない奴は勝てないから」
通勤中に欧州サッカーを観戦する時代へ。快進撃が続くDAZNの次の一手
横浜ポステコグルー監督「けがなく開幕迎えられる」
五輪の観客に紛れる「ホワイトフレンズ」とは誰?
ウォール・ストリート・ジャーナル
「同じことをしてもつまらない」湘南・曹監督が明かす就任7年目の新たな試みとは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加