乾貴士の3ゴールに絡む大活躍でエイバルが5発大勝!

乾貴士の3ゴールに絡む大活躍でエイバルが5発大勝!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/11/21
No image

3ゴールに絡む活躍を見せた乾。フル出場を果たし、勝利に大きく貢献した。スタジアムが「イヌイ」コールに包まれる場面も。(C)Getty Images

現地時間11月20日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ第12節のエイバル対ベティスは、ホームのエイバルが5-0の大勝を収めた。

復帰間近と伝えられていたペドロ・レオンが16日に再度手術を受けるというショッキングなニュースもあったホームのエイバルだが、代わりに快足自慢の右ウイング、イバン・アレホが怪我から復帰。これに伴いホセ・ルイス・メンディリバル監督は、8節以降の4試合で採用していた3-5-2をあきらめ、システムを4-4-2に戻した。

3バックが採用された最近の試合では、2トップの一角やインサイドハーフで起用されることが多かった乾貴士は、従来の左サイドに復帰。すると、このプレーし慣れた場所でいきなり結果を残す。6分、右足で放ったクロスがベティスDFジョルディ・アマトのオウンゴールを誘発し、先制点をもたらしたのだ。

さらに30分にも、乾は追加点の起点となる。CKのこぼれ球を拾った日本代表MFは、すぐさま左に展開。これを受けた左サイドバックのダビド・フンカのクロスをゴンサロ・エスカランテが豪快にヘッドで突き刺した。

その後もインテンシティーを高く保ち、押し気味に試合を進めたエイバルは55分、乾のパスでラインの裏に抜け出したFWのシャルレスがペナルティーエリア内で倒されてPKをゲット。これをシャルレスがみずから叩き込み、リードを3点に広げた。

ベティスはこのプレーでDFのアイサ・マンディが一発退場。数的優位を得たエイバルはその後も攻撃の手を緩めず、71分にはふたたびシャルレスが、そしてその9分後には主砲セルジ・エンリクが、いずれも右サイドからのボールに合わせる形でベティス・ゴールをこじ開けた。

序盤から攻守両面で高い貢献を見せていた乾は、今シーズン8試合目となるフル出場。70分には得意のドリブルから惜しいシュートを放ち、75分には前目のポジションをとっていた相手GKの頭上を狙う約50メートルの長距離砲でスタジアムを沸かせるなど、そのプレーには余裕すらうかがえた。

終わってみれば5-0。11節までわずか6点しか奪えなかったエイバルは、乾の好調もあり、大量17本のシュートを放って鮮やかな大勝を飾っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
原口、今冬の移籍浮上 クラブ幹部「彼自身が招いたものだ」
優勝候補スペイン、W杯出場権はく奪!? FIFAから警告も会長は自信
“美人揃い踏み”で大反響! なでしこFW岩渕、「似てますかね?」の3ショット写真公開
120分間の死闘2連戦も...パチューカ指揮官、本田は「プレーできる状態だ」
東京V、讃岐から李栄直の獲得を発表...E-1選手権で北朝鮮代表にも選出

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加