【フランクフルトモーターショー2017】ネクステア、新ステアリング技術発表...レベル2~5の自動運転に対応

【フランクフルトモーターショー2017】ネクステア、新ステアリング技術発表...レベル2~5の自動運転に対応

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/15
No image

レベル2~5の自動運転に対応した新ステアリング技術を発表したネクステア(フランクフルトモーターショー2017)

もっと画像を見る
米国に本拠を置くネクステアオートモーティブは9月13日、ドイツで開催中のフランクフルトモーターショー2017において、レベル2~5の自動運転に対応する新開発ステアリング技術を発表した。

ネクステアオートモーティブは、電気・油圧ステアリングシステム、ステアリングコラム、駆動系製品、先進運転支援システム(ADAS)、自動運転技術を自動車メーカーに納入。顧客には、BMW、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)、フォードモーター、GM、PSAグループ、トヨタ、フォルクスワーゲンのほか、インド、中国の自動車メーカーが名前を連ねる。

フランクフルトモーターショー2017で発表されたステアリング技術は、新開発の電動パワーステアリングとステアバイワイヤシステム。ネクステアオートモーティブは、この2つの新技術によって、レベル2~5の自動運転に対応していく。

同社はすでに、「ネクステア・ステアリング・オン・デマンド」と「ネクステア・クワイエット・ホイール・ステアリング」を発表。さらに、自動運転における運動制御システムと駆動装置部品の前進に焦点を合わせ、コンチネンタルと共同取り決めを形成する意図があると発表するなど、自動運転重視の姿勢を示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモが1つの番号をスマホとアクセサリ端末で共有できる「ワンナンバーサービス」の提供を開始
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 折りたたみ傘用超吸水カバーやVRゴーグルがお買い得に
信号を脳に送って体温調整する時計型リモコンデバイス「Aircon Watch」
3Dプリンターによるフィギュア造形はどこまで来たのか?ワンフェスで実感するデジタル造形と3Dプリント技術の進歩
iOS 11のコントロールセンターでWi-FiとBluetoothをオフにしても完全に無効にすることはできない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加