監督交代のFC東京が4試合ぶりの白星!決勝弾の韓国代表CBは「楽しむサッカーをやり遂げた」

監督交代のFC東京が4試合ぶりの白星!決勝弾の韓国代表CBは「楽しむサッカーをやり遂げた」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

新体制のFC東京が勝点3を獲得。無失点に抑えたのもポジティブな要素だ。写真:田中研治

【J1リーグ26節】FC東京1-0仙台/9月16日/味の素スタジアム

J1リーグ26節のFC東京対仙台が16日、味の素スタジアムで行なわれ、FC東京が1-0で勝利した。前節終了後に篠田善之監督を解任したFC東京は、この試合から安間貴義暫定監督が指揮。新体制の初陣で、見事に白星を飾った。

決勝点を挙げたのは、韓国代表のCBチャン・ヒョンスだ。67分、太田宏介のCKをニアで合わせてヘディングシュートを叩き込んだ。

殊勲のDFは「最近の試合では失点が多かったので、自分のゴールよりもしっかり守ろうと思っていた。自分たちがやりたいサッカー、楽しむサッカーをやり遂げたのが無失点につながった」とコメント。さらに「試合前に(太田)宏介と話をして自分がニアに行くのでボールをくれと言っていた。良いボールをくれた宏介に感謝したい」と狙い通りのゴールだったと明かした。

FC東京は4試合ぶりの白星。浮上のきっかけになり得る貴重な勝点3を得た。

【FC東京 1-0 仙台PHOTO】監督交代のFC東京が4試合ぶりの白星!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ライターコラムfrom水戸】水戸ユース、県リーグ優勝! 結果で証明した育成のベースの高まりと継続性
JFAが神戸対磐田での「エリア内の決定的なハンド」を検証。上川副委員長は「映像で見ると明らかだった」
CKからドンピシャヘッドも...筑波大DF鈴木大誠「自分のせいで負けた」
恐怖!殺人鬼の館カシマ...中田浩二氏「ハンパない」
【土屋雅史氏のJ2展望】京都vs湘南は、首位湘南の勝利が堅軸...愛媛はホームでの横浜FC戦に好相性

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加