前田健太、報ステ出演「先発で」救援時の電話音が嫌

前田健太、報ステ出演「先発で」救援時の電話音が嫌

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/15
No image

ドジャース前田健太(2017年10月31日撮影)

今ポストシーズン(PS)で救援として9試合に登板し、2勝0敗、防御率0・84の好成績を残したドジャース前田健太投手(29)が14日、帰国。テレビ朝日の「報道ステーション」に出演し、先発へのこだわりを打ち明けた。

「来季はもちろん先発でやりたい。リリーフだとベンチからかかってくる電話の音がすごく嫌なので。鳴った瞬間に心臓が縮まるのに慣れないなと思いました」と笑顔で話した。

今季レギュラーシーズンでは13勝6敗、防御率4・22と、16年の16勝11敗、防御率3・48から成績を落とした。レギュラーシーズン中も不調からローテを外されることがあった。「1年目(16年)にひと通り打者と対戦して、自分の苦手な打者が出てきた時にちょっと考えすぎてしまって、ボール球が多くなったり、際どいコースを狙いすぎて、球数がかさんで長いイニングを投げられなかったので、もう少し自信を持って打者とどんどん勝負しないといけない」。

ただ、前田はPSでは普段の先発時には見られないような95マイル(約153キロ)超の直球を連発。救援に回ることで来季へのヒントをつかんだようだ。「日本で1試合で120球を投げるスタイルに慣れてしまっていたので。今回リリーフで久しぶりに1イニングを全力で腕を振って投げた。最初から力を入れて、100球をめどに最初から全力でいくスタイルもありかなと思いました」。来季は初回から全力投球の新しいマエケン・スタイルが見られそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲、高校野球BIG3の才能の磨き方
巨人岡本が村田背負う...決意の背番変更キングの25
プロ野球「崖っぷち」松坂&村田の再就職先は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加