「絶対零度」本田翼、カフェバーに潜入<第3話衣装&あらすじ>

「絶対零度」本田翼、カフェバーに潜入<第3話衣装&あらすじ>

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/07/25

【絶対零度/モデルプレス=7月23日】俳優の沢村一樹が主演を務めるフジテレビ系 月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(毎週月曜よる9時)の第3話が23日に放送される。今作は本田翼演じる“未然犯罪捜査チーム=ミハン”の紅一点・小田切唯の“潜入ファッション”も見どころ。モデルプレスでは、あらすじとともにファッションチェックもお届けしていく。

No image

(写真 : 「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第3話より(C)フジテレビ)

【さらに写真を見る】「絶対零度」が帰ってきた!第3話場面カット

◆「絶対零度」新シリーズ

シーズン1ではコールド・ケースと呼ばれる“未解決事件”を、シーズン2では“特殊犯罪潜入捜査”をテーマに、新米女性刑事・桜木泉(上戸彩)の活躍と成長を描いてきた『絶対零度』シリーズ。新シリーズでは、“未来の犯罪を予測して捜査する”ことをテーマに、潜入捜査やアクション、予期せぬ展開とエンターテインメント性をパワーアップして展開。

主人公となる元公安のエリート刑事・井沢範人を沢村が演じ、本田のほか“ミハン”のメンバーである山内徹役で横山裕、“ミハンシステム”を推進するキャリア・東堂定春役で伊藤淳史らが出演する。

◆本田翼、第3話の潜入ファッションは?

第3話では、カフェバーに店員として潜入。ラフにまとめたヘアスタイルと、白ベースの花柄シャツがオシャレ。

◆『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第3話あらすじ

井沢範人(沢村一樹)らは、「ミハン」システムが割り出した新たな危険人物・若槻真帆(柴田杏花)の捜査を始める。

真帆は、エリート大学として知られる私立栄明大学の学生だったが、1年前、大学近くの雑居ビルから飛び降り自殺を図り、現在も意識不明のまま入院中だった。もちろんその間、真帆の通信記録や銀行口座の出入金記録など個人データに動きはなかった。だが、先週になって真帆のスマートフォンから彼女が所属していたテニスサークルのSNSグループに「復讐してやる」というメッセージが送られたという。しかも、同じスマートフォンから大量の医療用ニトログリセリンが購入されていた。

井沢は、昏睡(こんすい)状態の真帆にはメッセージを送ることもニトロを買うこともできないことから、真犯人は真帆になりすまして自殺の復讐(ふくしゅう)をしようとしている可能性を言及し、小田切唯(本田翼)と田村薫(平田満)を入院先の病院へ潜入させる。そこで小田切は、真帆の父親で、プラスチック製品専門の町工場を経営する周作(遠山俊也)に接触する。

一方、山内徹(横山裕)は、大手企業の御曹司で、テニスサークルの代表を務める湯川司(佐野岳)が学生起業したカフェバーを訪れる。その店は、サークルメンバーのたまり場で、自殺未遂騒動の後、周作も訪れていた。

真帆がなぜ1年前に自殺未遂したのか。そこに今回の危険人物を見つける鍵がある―。小田切は過去のトラウマから、この事件にのめりこんで行き…。山内やミハンメンバーはそれを心配するのだが―。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2018年夏ドラマ初回の視聴率「トップ3とワースト3」それぞれの理由
主要キャストが降板!?「下町ロケット」続編に懸念される2つの不安要素とは?
重盛さと美「自分で脱ぐ時はこっちがしたい時」
「志村けんのだいじょうぶだぁ」本日放送、鶴瓶、サンド、加藤茶ら登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加