マツダ、キッズデザイン賞を6年連続受賞---子どもを死角から守る前方視認性

マツダ、キッズデザイン賞を6年連続受賞---子どもを死角から守る前方視認性

  • レスポンス
  • 更新日:2019/08/24
No image

死角が広がらないAピラーの造形(マツダ3)

もっと画像を見る
マツダは8月23日、子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン「子どもを死角から守る前方視認性」で、第13回キッズデザイン賞を受賞したと発表した。マツダの受賞は6年連続。

キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という3つのデザインミッションを実現するための優れた製品・空間・サービスを選び、広く社会へ伝えることを目的とした顕彰制度。キッズデザイン協議会が主催する。受賞作品には、「キッズデザインマーク」の使用が認められる。

マツダは、2014年のキッズデザイン賞受賞以降、さらなる安全性向上のため、地道に開発を継続。『マツダ3』にて、前方視界を広く素早くクリアにするために進化したワイパーと、死角が広がらないようなAピラーの造形を採用した。

ワイパーについては、雨天時の運転席側Aピラー付近の拭き残しや、ウォッシャー液噴射による一瞬の視界不良、不使用時の視界のさらなる拡大が課題だった。しかしマツダ3にて、払拭範囲の拡大、新採用のワイパーアームからのウォッシャー液噴射機構、不使用時にボンネット下へ完全に格納することでこれらの課題を克服。また、従来のAピラーとドアミラーの配置の工夫に加え、Aピラーそのものの形状を見直し、これまで以上に広い視界を確保することに成功した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
総面積は東京ドーム140個分、投資額は3000億円。トヨタがつくっている"愛知のニュルブルクリンク"に行ってきた!
高級おもてなしが人気=リッチな観戦、富裕層らに-ラグビーW杯
ノートPC、アップルや富士通を抑えて1位のメーカーは?週間メーカー別ランキング
前澤社長退任 ツイッター「やらなきゃよかった」「風読み間違えたことも」
東京ゲームショウも盛況、日本の「eスポーツ関連」で有望企業を探る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加