カーリング日本女子が連勝、デンマークを接戦で下す

カーリング日本女子が連勝、デンマークを接戦で下す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

デンマークと対戦する日本。中央はスキップ藤沢(撮影・PNP)

<ピョンチャン五輪・カーリング:日本8-5デンマーク>◇15日◇女子1次リーグ

女子日本代表のLS北見は、1次リーグ2戦目となるデンマーク戦を8-5で勝利し、連勝を飾った。

先制したのは日本。第2エンドでスキップ藤沢の最終ショットが相手ストーンを外に動かし、日本の石を2つ残した。

3点リードで迎えた第4エンドにデンマークに追いつかれ、第6エンドでは1点のリードを許す展開となったが、第7エンドに3点を入れて逆転に成功、第8エンドにも2点をスチールして終盤の強さを見せた。第9エンドにデンマークは1点を返したがギブアップして日本が連勝を飾った。

前日14日の初戦では米国に10-5で勝利し幸先の良いスタートを切った。

◆カーリングのルール 1チーム4人で構成。1回の攻守はエンドと呼ばれ、10エンドまで実施。各エンドとも、2チーム交互に、1人2投ずつ行う。リード、セカンド、サード、スキップの順で投げる。

攻守の順は、第1エンドはコイントスなどで決め、それ以降は、前のエンドで勝った方が先攻となる。得点なしの場合は、その前のエンドと同じ。

各エンドで得点を獲得するのは片方のチームのみ。ハウスの中心に一番近いストーンを投げたチームが得点権利を得る。相手チームよりも中心に近いストーンが複数ある場合は、その数だけ得点になる。

自チームのストーンの距離を伸ばしたり、方向を調整するために氷を掃く(スイーピング)ことができる。スキップは相手チームのストーンをスイーピングできるが、ハウスの中央を横切るライン(ティーライン)より後ろでしかできない。

相手チームのストーンに自チームのストーンを当ててハウスからはじき出すことも可能だが、各チームのリードが投げ終わるまではフリーガードゾーンにあるストーンをプレーエリアから出してはいけない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
平昌冬季五輪、キャスター中居正広に飛び交う賛否「中居厨はオリンピック観てねぇだろ!!」
住吉都さん死去 結城コーチ「悩んでいるというのは知っていた」
ロッテオープン戦イベント 応援決起集会など
小平の謎のカラフル帽の正体判明...オランダ流の祝福
  • このエントリーをはてなブックマークに追加