最新ランキングをチェックしよう
歴史的大コケ!中国の126億円超大作が公開3日で打ち切り、評価が低いのはなぜか―中国紙

歴史的大コケ!中国の126億円超大作が公開3日で打ち切り、評価が低いのはなぜか―中国紙

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/07/18

中国の大型ファンタジー映画「阿修羅」が記録的な興行不振により、公開からわずか3日で上映が打ち切られる事態となっている。
2018年7月18日、揚子晩報によると、中国の大型ファンタジー映画「阿修羅」が記録的な興行不振により、公開からわずか3日で上映が打ち切られる事態となっている。

制作費は総額7億5000万元(約126億円)という中国映画史上類を見ない超大作で、チベット仏教の伝説に着想を得た3部作

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
劇場版「仮面ライダー」にアナザークウガ 完全にバケモンや
セクゾン中島健人、キンプリ岸優太と熱いハグ!『ネプリーグ』で神保悟志らベテラン俳優と対決
フェイクかそれとも本物か? 「三億円事件」真犯人による告白小説は、実は......
映画「ボヘミアン・ラプソディ」大ヒットでなぜか失笑を買った2人とは?
12月9日の注目映画第1位は『来る』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加