履正社快勝、清水3失点完投!二回には先制打/甲子園

履正社快勝、清水3失点完投!二回には先制打/甲子園

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2019/08/14

第101回全国高校野球選手権大会第8日第1試合(履正社7-3津田学園、13日、甲子園)履正社のエース左腕・清水が143球を投げ抜き、3失点完投。最後は右打者の外角いっぱいへ141キロを決め、狙い通りの見逃し三振だ。

「最後は力を入れて投げた。変化球でも安定してカウントが取れたし、9回を投げ切れたことを自信にしたい」

140キロ前後の直球とスライダー、チェンジアップの緩急を駆使。津田学園の好投手・前に投げ勝ち、六回途中5失点だった1回戦の悔しさを晴らした。二回には先制打を放ち「本当にたまたまです」と謙遜も、投打にフル回転した。

家では心理学の本を読みあさる。「自分を客観的に見るのは、まだまだできていないですが…」と照れ笑いしたが、この日も投げ急ぐ自分を見つめ直し、ボールを持つ時間を変え、仲間の方を向いて息をついた。

「夏はここで踏ん張ろうという気持ちが試される。守備のテンポをもっとよくして、好調の打線につなげていきたい」

過去3度の夏は3回戦が最高。初優勝に挑む履正社の背番号「1」が、快投で強力打線を“誘発”していく。(邨田直人)

履正社・岡田監督「清水は初戦(六回途中5失点)のこともあり、最後まで投げさせるつもりだった」

履正社・野口主将「1回戦よりも落ち着いてできた。前君を打ち崩せば勝てると思っていた」

No image

完投した履正社のエース・清水

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
準Vの星稜 母校に凱旋、報告会に500人 奥川「やっと終わったという気持ち」
“ツヨカワ”剣士が高校日本一 幼なじみとアベックV
井上も頼りにする“日本一の1番”/ヒロド歩美
一関学院が25得点大勝発進、高橋滋監督が初陣飾る
侍・U-18代表の壮行試合に佐々木朗希が先発!大学ジャパンもドラ1候補・森下
  • このエントリーをはてなブックマークに追加