しゃもじ×マツモトクラブ×インデペンデンスデイが『新人内さまライブ』を語る!

しゃもじ×マツモトクラブ×インデペンデンスデイが『新人内さまライブ』を語る!

  • OWARAI FAVCLIP
  • 更新日:2016/12/01
No image

12月21日(水)に『内村さまぁ~ず』DVDのvol.65、66、67の3巻同時発売と、12月23日(金・祝)に『新人内さまライブ チャンピオン大会2016』が開催されるのを記念して同ライブ常連の、しゃもじ、マツモトクラブ、インデペンデンスデイの3組にインタビューを行った。

隔週月曜日に、Amazonプライムビデオにて配信中の『内村さまぁ~ずSECOND』。2013年より新人発掘を目的とした『新人内さまライブ』が月に一度行なわれており、チャンピオン大会は今回で4回目となる。チャンピオン大会には、内村光良とさまぁ~ずがMCとして参加するとあって毎年熱い戦いが繰り広げられている。

さらに追加出演者が発表され、勝又:(オスカープロモーション)、ぐりんぴーす(太田プロダクション)、ザ・パーフェクト(サンミュージック)、ジャイアントジャイアン(浅井企画)、湘南デストラーデ(SMA HEET Project)、ペンギンズ(サンミュージック)、マカロン(SMA HEET Project)、ロビンソンズ(ワタナベエンターテインメント)チャンピオン大会出演者は今後も公式HP、twitterで随時発表される。

今回は、第二回年間チャンピオンの『しゃもじ』と第三回年間チャンピオンの『インデペンデンスデイ』、さらにチャンピオン大会での優勝はないものの、月に一度行なわれる新人内さまライブで最多優勝を誇る『マツモトクラブ』の3組に新人内さまライブへの思いと番組出演時のエピソードを聞いてきた。

——皆さんは、12月23日(金・祝)に開催される『新人内さまライブ チャンピオン大会2016』に参加されますが、内さまライブと他のライブとの違いを感じるのはどんなときですか?

しゃもじ・しゅうごパーク(以下、しゅうご):舞台上で他の芸人さんが見ているのが特徴なので、そこにいかに慣れるかですかね。あとは「お客さんにもウケたいけど、隣に座っている芸人にもウケたい」っていう葛藤があります。だから、『お客さんにウケる芸人』と『芸人にウケる芸人』が目に見えてわかるライブなので、そういうのも面白いですよね。

しゃもじ・たーにー(以下、たーにー):チャンピオン大会終わりの打ち上げに、内村さんとさまぁ~ずさんが来てくれて、その場でネタについてダメだしやお話をいただけるので、そういうのを持ち帰って次のネタづくりに生かしたいなと思っています。

マツモト:毎月やっている内さまライブの会場と、チャンピオン大会が行われる東京グローブ座とでは、会場の大きさが違うので、客席の後ろの方まで笑わせないといけないんです。多分そこが自分の苦手としているところなんですよ。大会はお客さんが壇上に上がって票を入れていくシステムなのですが、前列のお客さんはまぁまぁ入れてくれるんですけど、後列のお客さんになるに従って、票を入れてくれる数がどんどん減っていって……ということは、明らかに後ろに届いていないということなのかなと分析していまして……。だから、今年こそは修正して勝ちたいなと思います。

一同:すげー!

インデペンデンスデイ・内藤(以下、内藤):僕らは横でみている芸人さんがハマってお客さんにもそれが伝わっていくようなパターンが多いので、今年も芸人さんを味方につけて、お客さんに伝わればいいなって思ってます。

インデペンデンスデイ・久保田(以下、久保田):みなさんM-1とかキングオブコントみたいな賞レースと同じような意気込みで臨んでいると思いますけどね。僕らチャンピオン大会は今回で3回目の出場になるのですが、ネタのクオリティーは出られるレベルではないので……。人間をぶつけてウマいことなればなと。

——マツモトクラブさんからグローブ座の会場についてお話がありましたが、舞台が大きい会場になることでネタの選び方を変えたり、マイナーチェンジをしたりすることはあるのでしょうか?

しゅうご:さっきマツクラさんの話を聞いて「あ、やった方がいいんだな」って思いましたね。

一同:爆笑

——では、今までは変えずにいつも通りのネタをしていたと?

しゅうご:そうですね。だから勉強になったなって。

——(笑)。

マツモト:変えられるとことは変えて、ネタ選びも広い会場にあっているようなネタを自分の中で選ぼうと思っています。

久保田:僕らは多分、今年受けたフレーズを断片的に集めて脈略もないネタをするかな。

たーにー:毎回そうでしょ(笑)?

久保田:毎年12月に今年のベストアルバムを出しているようなものですよ。

一同:爆笑

たーにー:いや毎月そうじゃん(笑)!

No image

——やはり大会に参加することでまわりの芸人さんの反応も変わってくるのでは?

しゅうご:あんまりしゃべったことのない先輩とかが内さまを見ていて、話しかけてくれたことがありましたね。

たーにー:全然面識のない先輩から声をかけられることが増えましたね。ムーディー勝山さんとお話ししたことなかったんですけど、話しかけて頂いてすごい嬉しかったですね!

マツモト:やっぱりこの大会に出ることで、内村さんやさまぁ~ずさんに他の番組でお会い出来る機会があったときに、知ってくれている安心感というか、見たことあるやつだって覚えてもらえることが嬉しいです。

久保田:僕らも内村さんMCの『じわじわチャップリン』(テレビ東京系)に出させていただいたときに、後ろの方にいたんですけど、内村さんが「アイツら内さまのチャンピオンだよ」って収録中に言ってくださって。……優しいなぁ~って!

——やっぱり内村さんとさまぁ~ずさんにネタを見てもらえる喜びがありますよね。

たーにー:そうですね。お客さんに笑っていただくのが一番なのですが、やっぱり袖で見ている、内村さんとさまぁ~ずさんを笑わせたいっていうのが芸人さんは強いと思います。

——O.Aを見ると3人がネタを見て笑っている瞬間が映りますよね。

たーにー:あれが一番嬉しいんですよ!

一同:そうそう!

しゅうご:ずっとあのワイプ(3人がモニタリングしている様子)を出しておいてほしいです。ここ笑ったんだとかここ笑ってないんだって全部知りたいです!

——第二回の大会でしゃもじさんが優勝されて、今回発売される『内村さまぁ~ず』のDVD vol.67(♯204)でゲストMCをされています。同大会準優勝のキサラギさんと一緒に出演されていますが、お二人はキサラギさんが出演されるのを知らなかったんですよね。その時の気持ちを教えてください。

たーにー:そうなんですよ(笑)。ガチで知らなかったので! キサラギの上野くんはバイト先が同じなのですが、そこでも彼はずっと黙っていました。僕も「バイト終わりで内さまの収録なんだ」って自慢げに上野くんに話しているんですよ。そのとき上野くんは「そうなんですねー」とか反応が軽い感じだったんですけど、それがあとから考えるとむっちゃ恥ずかしくて(笑)。

しゅうご:結果、キサラギとしゃもじで考えても、“ある人”に全部持っていかれたので(笑)。

——では、シュミレーションしていたのとは全然違うってことですよね。

たーにー・しゅうご:全然違います!

——最後には内村さんとコントの共演もされましたね。

たーにー:あれが一番嬉しかったですね~。

しゅうご:こいつ酔っ払うと「俺、内村さんとコント共演したんだよ」って後輩とかに言うんですよ。

たーにー:いなくないですか? ウッチャンとコント共演できる人なんて! ……あ、思わずウッチャンって言っちゃいましたけど(笑)。すみません(笑)。でも本当に内村さんの対応力には驚きました。ショートコントをやるってなって、こうですって説明したら一言で理解してくれて……しかもできちゃったので。いやぁすごいなぁ~って。

——では今回のDVD vol.67(♯204)の見所は?

しゅうご:僕らだいぶ緊張していて、キサラギが来て悔しいなりに緊張がまぁまぁほぐれて、“ある人”が来てからはもう緊張が抜けてるかもしれないです。

たーにー:見所は『謎の大男』です。

しゅうご:たーにーくんが結構頑張ってくれているのでそこは見所ですね。

No image

——今回DVDにはなっていませんが、インデペンデンスデイさんは先日番組内で事務所の先輩であるキャイ~ン・ウド鈴木さんと一緒に出演されました(♯231)。やっぱり緊張されましたか?

久保田:緊張どころの騒ぎじゃなかったですよ。

一同:(笑)。

久保田:決まった瞬間は調子に乗っているんですよ。まぁ大丈夫だろうと。日に日に緊張に変わっていって、本番の日にはまっすぐ歩けないくらいの足の震えが……。

内藤:そうですねぇ。何一つ面白いこと言えなかったねぇ。

——久保田さんがライブ優勝後の取材で『資質が問われる』とおっしゃっていましたが……。

久保田:全然思い通りにいかなかったですね。まぁウドさんがいたっていうのもあるんですけど(笑)。予想外の世界にドンドンなっていって、でもそこでも何もできなくて。終わった後、番組の新年会があって参加したんですけど、すごい楽しい場なのに僕らだけ落ち込んでいて。ちょっとあの日から心を改めてます。戒めの芸人生活ですよ。

内藤:内村さんとさまぁ~ずさんが「気にすんな」って励ましてくださってね。

——マツモトクラブさんは、昨年惜しくも準優勝でした。今年度こそ年間チャンピオンを目指したいですよね。

マツモト:そうですね。で、今お話聞いていて思ったんですけど、しゃもじさん優勝した時、準優勝のキサラギが出てたのに……僕は?

一同:爆笑

久保田:僕らも薄々マツクラさん来るんじゃないかなって思っていたんですけどね。本当にこないから!

マツモト:今年こそ優勝して本編に出させていただきたいなって思います。そのときは誰にも来てほしくないですね(笑)。

——月間で何度も優勝しているマツモトクラブさんは、他の2組にとってもライバルですよね?

しゅうご:毎月、優勝候補ですからね。マツクラさんが基準になっています。

久保田:ジャイアンツみたいなね! ネタとか見ていても「わぁー」ってなりますもんね。「こういう展開になるんだ!」って。勉強の気持ちもあるので。

——マツモトクラブさんはチャンピオン大会すべてに出場しているわけですが、その間にR-1で準優勝したりなどもありましたよね。環境の違いなどを感じたことはありますか?

マツモト:自分の中で環境の変化は感じたことなくて。R-1で世に出てから知名度票というか人気票みたいに思われたら余計に悔しいかなって思うから、いい内容のネタを作ろうって気持ちになっていますね……ちょっと僕ミュージシャンみたいなこと言っていますね。

一同:爆笑

No image

——DVD vol.66には『新人内さまライブチャンピオン大会2014』(♯201)の模様が収録されています。優勝したしゃもじさんをはじめ、みなさん出演されいていますが、見所を教えてください。

マツモト:R-1でも披露した『ストリートミュージシャン』のネタをやっていまして、このネタはオチにエプロンを出すのですが、『新人内さまライブチャンピオン大会2014』はまだエプロンを改良する前なんです。服の中に入れていて、バタバタしながらエプロンを出すみたいな形になっているんですけど、これでバタバタしたことで改良して、シルクみたいな生地でR-1に臨んでいい結果につながったので、改良前のエプロンオチがみられます。

久保田:僕らは……ん? ……僕ら出ています?

——出演されていますよ(笑)?

内藤:あんまり覚えてないですね(笑)。

久保田:内心で「うぁ~ウッチャンだ! さまぁ~ずだ!」って思っていたので、ミーハーが1組出ていると思ってくれればいいのかなと。お笑いファンが混じっていますので。

——(笑)。では皆さんにとって、内村さんと、さまぁ~ずさんはどんな存在でしょうか?

しゅうご:会ったことない頃よりは、少し近くはなったかもしれないですけど、どれだけ詰めても常に神様的な場所にいる人たちですかね。近づくとかじゃないなと。

たーにー:会うたびに衝撃を受けるような仕草や言葉をいただけるので……。あと、内村さんがある番組で「もっと売れたい!」っておっしゃっているのを聞いて、とんでもないなと。スゴすぎて内村さんと言うよりウッチャンって呼ばせてもらっている方が楽だなっていうくらいの存在です。

マツモト:一番笑ってほしい人というか。ネタをしたときに「おもしれぇなぁ」って言っていただきたい人たちです。今後も面白いって言ってもらえるようなネタをやりたいですね。

内藤:やっぱり子どもの頃から見ている方たちなので。

久保田:内藤さん、ポケットビスケッツの署名活動もしてますからね。大ファンですからね。

内藤:そうなんですよ。

久保田:月一くらいでお会いできるようになれたらなって思いもあります。それでもっと色々吸収したいなって。

——最後に『新人内さまライブ チャンピオン大会2016』の意気込みを聞かせてください。

たーにー:シンプルに2回優勝している人がいないので、もう一度優勝したいなって思います。

しゅうご:それで本編いったときは、前より何かはできるんじゃないかなと。

たーにー:気負わず、自分たちがやっていることで笑いがとれて優勝できれば一番いいですね。

マツモト:チャンピオン大会で優勝したことがないので、今年こそ優勝して本編に出たいです。

内藤:僕らは前回の収録でね。

久保田:そうなんですよ。収録でちょっと忘れ物が多すぎるので。

一同:爆笑

内藤:リベンジしたいなと。

久保田:忘れ物は一個じゃないんで。身ぐるみ剥がされている感じだったので、もうちょっとできるんだというところを何とか優勝して、内村さんとさまぁ~ずさんに見せたいですね。

——ありがとうございました!

<取材・文 浜瀬将樹>

No image

新人内さまライブ チャンピオン大会2016

日時:2016年12月23日(金・祝)17:30開場/18:30開演
場所:東京・東京グローブ座
料金:前売2800円/当日3000円
チケット:PassMarketにて発売中

<出演者>
MC: 内村光良、さまぁ~ず
インデペンデンスデイ(浅井企画)、しゃもじ(マセキ芸能社)、マツモトクラブ(SMA NEET Project)、ロングロング(ケイマックス)、わらふぢなるお(サンミュージック/グレープカンパニー)、勝又:(オスカープロモーション)、ぐりんぴーす(太田プロダクション)、ザ・パーフェクト(サンミュージック)、ジャイアントジャイアン(浅井企画)、湘南デストラーデ(SMA HEET Project)、ペンギンズ(サンミュージック)、マカロン(SMA HEET Project)、ロビンソンズ(ワタナベエンターテインメント)

内村さまぁ~ずDVD Vol.65、Vol.66、Vol.67 12 月21日Release!
※DVD公式URL:http://www.aniplex.co.jp/uchimurasummers/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コカイン報道で引退の成宮寛貴が隠したかった”恋人の存在”
成宮さん引退にビートたけし「フライデーだから」
Hey!Say!JUMP・伊野尾が超人気、嵐・二宮&宇宙Sixも上位に! ジャニーズ生写真売り上げ【11月トップ15】
長渕剛「乾杯」新バージョンに騒然 FNS歌謡祭「今年一番笑えた!」
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加