【ロサンゼルスモーターショー16】スマート、新型のEVカブリオレを北米初公開へ

【ロサンゼルスモーターショー16】スマート、新型のEVカブリオレを北米初公開へ

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

ロサンゼルスモーターショーの主催団体は10月13日、メルセデスベンツ傘下のスマートが11月14日、ロサンゼルスモーターショー16において、新型『フォーツー・エレクトリックドライブ・カブリオレ』を北米初公開すると発表した。

同車は、新型スマート『フォーツー・エレクトリックドライブ』のオープン版。9月末、フランスで開幕したパリモーターショー16でワールドプレミアされた。

新型フォーツー・エレクトリックドライブ・カブリオレは、新型スマート『フォーツー・カブリオレ』をベースに開発されたEV。車体のリアに搭載されるモーターは、最大出力81hp、最大トルク16.3kgmを発生。最高速はリミッターによって130km/hに制限された。0-100km/h加速は、11.8秒の性能を発揮する。

バッテリー(二次電池)は、ドイツ・カーメンツのダイムラーの子会社、ドイチェ・アキュモーティブ社製の蓄電容量17.6kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電での最大航続可能距離は、欧州の計測モード(NEDC)で、およそ155km。

充電時間は、英国と米国の方式で2.5時間と、先代比で半減させた。2017年にオプション設定される新開発の急速チャージャーでは、およそ45分で充電が完了する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
東京メトロ、銀座一丁目駅に全国3例目のふるさと納税支援自動販売機を導入
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
「菅田将暉」が1位! 2017年に活躍が期待できる芸能人ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加