韓国にパイプカットしに行くツアーが人気。反日感情は関係ない!?

韓国にパイプカットしに行くツアーが人気。反日感情は関係ない!?

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2019/09/24

過去最悪レベルにまで悪化した日韓関係。韓国への渡航をためらいたくなるほどだが、実際は航空券代の下落やウォン安により、韓国旅行のベストタイミング。そんな反日感情が渦巻く韓国ソウルで、実は人気のツアーがあるという。

No image

美容整形の病院が集中するアックジョン。その駅地下通路には美容整形の広告がズラり。二重手術など日本の約4割引の値段で施せるとか

「それはパイプカット手術です」

そう話すのは、現地の医療ツーリズム関係者。韓国の主力産業のひとつとも言っていい美容整形。近年はウォン安に加え、相場自体も値下がり傾向を受け、世界各国から外国人が訪れているという。

「2年前までは、中国からの『美容整形ツアー』が盛況で、有名な美容外科は半年以上の予約待ちも普通だった。でも、THAARD配備で中国人客が減ると、韓国の美容外科業界は窮地に。そのため価格競争が激しさを増しています」(医療ツーリズム関係者)

そんななか、爆買い(?)対象として注目を集めているのがパイプカット手術だ。韓国では望まぬに妊娠を避けるため、未成年の息子にパイプカット手術を施すほどの盛況ぶり。実際に、今回のウォン安を受けてパイプカット手術した日本人男性がこう話す。

「ソウル市内の泌尿器科で手術を受けました。料金は約2万円。日本で受けたら8万円するので、すごく安いですね。しかも、今の技術なら元に戻すこともできるので、二度と子供ができないわけじゃない。ちなみに、包茎手術は2万円でした」

オススメは+1万円を払って静脈麻酔を受けること。術後の局部の痛みがだいぶ違うとのこと。日韓関係が冷え込んだとしても、それは政治レベルの話。実際にソウルを訪れれば、気のいい韓国人が気さくに「日本人いらっしゃーい」と話しかけてきてくれる。臆せずに、ウォン安のこの機会に「変身旅行」もありかもしれない。

(取材・文・撮影/週刊SPA!編集部)

※週刊SPA!10/1号の特集、韓国「爆買いツアー」ルポより

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京五輪への「旭日旗持ち込み」問題 新聞社説が“賛否両論”真っ二つに分かれた理由
中国人が語る「日本を訪れて常識が覆されたこと」とは=中国メディア
京都を訪れて実感、「生徒だったはずの日本は完全に『師』を超えていた」=中国メディア
【日韓経済戦争】ユニクロ柳井会長「日本は最悪、韓国が反日になるのも分かる」に躍り上がった韓国メディア 発言の真意は?
なぜ中国政府は香港を「武力」で鎮圧しないのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加