バッファロー、データ復旧サービスの対象を他社製品にも拡大

バッファロー、データ復旧サービスの対象を他社製品にも拡大

  • BCN RETAIL
  • 更新日:2017/12/06

メルコホールディングスグループの中核企業のバッファローは、12月5日から、HDD、SSDなどストレージ製品のデータ復旧サービスの対象製品を、バッファロー製品以外にも拡大する。「データ復旧サービス」は、今年5月1日に開始。当初は、同社製の外付けHDDやNAS、USBメモリなど、同社製品のみを受け付け、製品保証期間内の軽度論理障害は無償で、中度/重度障害の場合でも、リーズナブルな価格体系でデータ復旧を行っていた。診断・見積りは無料。今回、対象製品を拡大し、日本国内で販売された製品ならばメーカーを問わず、利用可能になる。自然故障のほか、誤って消去してしまったデータの復旧にも対応。サービス価格は、従来同様、対象製品と障害レベルに応じた一律固定料金となるが、他社製品だとバッファロー製品より高くなる。重度レベルの論理・物理障害は別途見積り。

No image

「バッファロー正規データ復旧サービス」の対象製品一覧とサービス価格

対象製品カテゴリのHDD、NAS、SSDは、RAID対応製品やデジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」を含む。また、光メディア(ブルーレイ・DVD)は、バッファロー製ブルーレイ・DVDドライブを使用してデータを保存した光メディアを「バッファロー製品」として取り扱う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Windowsスマートチューニング 第445回 Win 10編: PINの複雑さ要件をレジストリから制御する
簡単操作でウェブ上にデータベースを作成して視覚的に操作もできる「Airtable」を使ってみた
ドワンゴ川上会長、niconico運営責任者を“退任”
データを暗号化? 今さら聞けないVPNの基礎知識
AIで有名女優のポルノ動画を作成するプログラマーが登場、まるでリアルのような完成度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加