【U-23タイ戦】前半を終え0-0。日本、チャンスに決定打生まれず...

【U-23タイ戦】前半を終え0-0。日本、チャンスに決定打生まれず...

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/13
No image

1トップに起用された田川。序盤からチャンスに絡み続けている。(C) Getty Images

U-23アジア選手権のグループステージ第2戦、U-21日本代表対U-23タイ代表が1月13日、中国の江陰スポーツセンターで20時30分のキックオフで行なわれている。

日本は初戦のパレスチナ戦に1-0で勝利。この第2戦に勝利すれば、グループステージ突破が決まる。

日本は初戦から先発4名を入れ替えてスタート。布陣は同じ3-4-2-1で、GKは小島亨介、DFは右から原輝綺、立田悠悟、板倉滉。中盤はボランチに主将の神谷優太、井上潮音が並び、アウトサイドは右に藤谷壮、左に遠藤渓太が起用され、2シャドーは右に高木彰人、左に岩崎悠人。1トップには田川亨介が起用された。

日本は立ち上がりからタイを押し込み、チャンスを量産。15分には田川が最終ラインの裏に抜け出し、チャンスを迎えるがシュートを打ち切れず、直後のCKでは立田悠悟が右足で狙うもゴールライン上で相手DFに跳ね返された。

その後も日本は岩崎、田川がシュートチャンスを迎えるが、ゴールを割れない。堅実なブロックを作りながら柔軟に対応してくるタイの守備を崩し切れず、前半は0-0で終了した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ポスト2発で無得点...注目の2年生MF檀崎は青森山田、高校選抜で「1本」を決められる選手に
鈴木康大 謝罪文を発表「実力が無いにも関わらず、努力することを怠った」
高校選抜の柱にU-19代表も注目?MF田部井涼は自身の変化実感し、質と幅を向上させる意欲
選手権得点王FW飯島、高校選抜選考合宿でも決めて、Vパレード、U-19代表合流へ
<サッカー>U―23アジア選手権で日本がウズベキスタンに大敗、決勝へ進めず=「これで中国サッカー協会はいい口実ができた」―中国ネット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加