最新ランキングをチェックしよう
[お江戸小説] ココロサク 【1話】いつものくれない荘でいつもの朝

[お江戸小説] ココロサク 【1話】いつものくれない荘でいつもの朝

  • Japaaan
  • 更新日:2018/02/15

前回のプロローグはこちら
1話 いつものくれない荘でいつもの朝
「納豆~、納豆~」
「とうふ~、あぶらげ、がんもどき~」
「しじみやしじみや」
棒手振(※1)たちの威勢のいい声が行き交い始めるのが、明六ツ(※2)。長屋の入り口の木戸(※3)もこの時間に開き、町が一気に動き出す。なんだか1日が始まるっていう感じがして、この瞬間が大好きだ。

歌川広重「東海道五十三次之内 日本橋」

いつもは棒手振の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加工少なめ年相応? ノーブラでタトゥー全開の浜崎あゆみセクシーバックショット
「2日前に彼が...」 女性誌『CLASSY』着回しDiaryの設定が「壮絶すぎる」と話題に
カーセックス100回超のマニアが語る、車内の必須アイテム6選
医師の夫と親友のナースが不倫。「地獄に堕ちろ!」と呪ったらホントに堕ちた
成人年齢引き下げでホリエモン×ひろゆきが意見真っ二つ...「高校卒業したら稼いで暮らせ?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加