阿蘇地方で新米の出荷始まる【熊本】

阿蘇地方で新米の出荷始まる【熊本】

  • RKK熊本放送
  • 更新日:2021/09/15

稲刈りが始まった阿蘇地方では、新米の出荷が15日始まりました。

JA阿蘇では、新米の初検査が始まり、まず今年の豊作や検査作業の安全を祈願しました。

初日の15日は、3軒の農家が収穫したコシヒカリ約15トンが検査され、その結果すべてが1等米と判断され、幸先の良いスタートとなりました。

JA阿蘇によりますと、阿蘇地方では、約3000ヘクタールで作付され、先月の長雨で収穫が1週間ほど遅れているものの、収量や品質に大きな影響はないということです。

「8月中旬からの長雨で品質とかもかなり心配していたんですけど無事に1等米ということで一安心しています」(JA阿蘇稲作部会・中西洋介部会長)

JA阿蘇では、不作だった去年を3割ほど上回る9600トンの出荷を目標としています。

熊本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加