ホンダの燃料電池車 クラリティ、欧州第一号車が到着

ホンダの燃料電池車 クラリティ、欧州第一号車が到着

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30
No image

ホンダの欧州法人、ホンダモーターヨーロッパは11月29日、新型燃料電池車、『クラリティ フューエル セル』の欧州第一号車が現地に到着した、と発表した。

クラリティ フューエル セルは2015年10月、東京モーターショー15でワールドプレミア。5名乗車が可能な実用性の高い市販燃料電池車として登場した。

量産燃料電池車としては世界で初めて、燃料電池スタックおよび駆動システムを、フロントのボンネット内部に収めることに成功。これにより、優れたパッケージングを生み出す。

11月29日、クラリティ フューエル セルの欧州第一号車が現地に到着。これらの車両は、欧州での燃料電池車の普及に向けたプロジェクトで使用される予定。その後、英国のロンドンとデンマークのコペンハーゲンで、一般顧客向けの納車を計画する。

ホンダのトーマス・ブラックマン氏は、「クラリティ フューエル セルの欧州到着は、燃料電池車の実用化に向けての次なるステップ」と述べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「在宅勤務はちょっと時期尚早...」などとお考えの日本企業の皆様へ
シトロエンの超個性派SUV『C4カクタス』が日本上陸
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加