米EVハイパーカー、タキオン・スピード...6モーターで1250hp以上

米EVハイパーカー、タキオン・スピード...6モーターで1250hp以上

  • レスポンス
  • 更新日:2017/11/13
No image

米RAESRのEVハイパーカー、タキオン・スピード

もっと画像を見る
米国カリフォルニア州に本拠を置くRAESR(ライス・アドバンスド・エンジニアリング・システムズ&リサーチ)は、EVハイパーカー、『タキオン・スピード』(Tachyon Speed)を発表した。

タキオン・スピードのEVパワートレインには、モーターを6個搭載。最大出力は1250hp以上、最大トルクは505kgm以上というスペックを発揮する。動力性能は、0~96km/h加速が3秒以下、最高速は386km/h以上に到達する。

戦闘機を思わせるキャノピーを持つ外観は、アグレッシブなデザイン。ボディサイズは全長4953mm、全幅2045mm、全高1029mm。カーボンファイバー製ボディなどにより、車両重量は1338kgに抑えられた。

角度調整式のアクティブリアウイングをはじめ、エアロダイナミクス性能を追求。240km./h走行時、最大で450kgを超えるダウンフォースを獲得する、また、1回の充電での航続は、およそ240kmと公表されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一流の投資家だけが知っている「バブル崩壊のある法則」
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
ソニーモバイルとシャープの携帯電話シェアが激変した理由
古賀茂明が指摘する「実力の衰えた日本企業が好調を維持しているカラクリ」
これなら買える!?クリスマスプレゼントに贈りたい『McLaren  P1』トイカーコレクション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加