十日町市で初めて 車いすバスケチームが誕生 共生社会の実現へNPO法人が設立【新潟・十日町市】

十日町市で初めて 車いすバスケチームが誕生 共生社会の実現へNPO法人が設立【新潟・十日町市】

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2022/05/14
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

車いすバスケットボールチームの設立は新潟県内で3つ目です。

14日に発表されたチーム名は「十日町Unity」。

共生社会の実現などを目的に、十日町市のNPO法人が設立しました。

メンバーは7歳から69歳までの22人で、今後、月に2回練習します。

ヘッドコーチは20年以上車いすバスケットボールのプレイヤーとして活躍する松永哲一さんで、「障害者に対する理解を深めてもらいたい」と話しました。

【十日町Unity・松永哲一ヘッドコーチ】

「年齢問わず、障害のあるなしを問わず、男子、女子関係なくこのスポーツに携わっていただければ」

十日町Unityは8月20日の大会に向けて練習に励みます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加