彼のハートをわし掴みにする可愛い甘え方5選 キュンが止まらん!

彼のハートをわし掴みにする可愛い甘え方5選 キュンが止まらん!

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/09/22

【恋愛コラム/モデルプレス】彼氏には思い切り甘えてみたい!そんな願望を持ちながらも、実際は恥ずかしくて甘えられないという女性は少なくありません。しかし、男性も大好きな彼女から甘えられたら嬉しいですし可愛いと感じるものです。そこで今回は、勇気を出してやってみたい彼の心を掴む可愛い甘え方をご紹介します。

No image

(写真 : 彼のハートをわし掴みにする可愛い甘え方5選 キュンが止まらん!/photo by GIRLY DROP)

【他の記事を見る】男性に聞いた「ドキッとする甘え方」ベスト5

♥耳元で囁きながら可愛いおねだりをする

彼の耳元で「もっとくっついて」や「ぎゅってして」と囁く可愛いおねだりを交えた甘え方は、彼をキュンとさせること間違い無し。

耳元でコソッと言われることで特別感が増し、恥ずかしそうな彼女の姿に可愛いと感じるのです。

もちろん囁くのは彼氏がすぐに叶えられるようなおねだりにして、彼氏を困らせないようにすることも大切なポイントだと言えます。

ちょっぴり恥ずかしがりやのあなたでも、この甘え方なら彼氏以外の人に聞かれることもないのでチャレンジしやすそうですね。

♥甘え方が分からない人は何も言わずに抱きつくだけでOK

普段甘えることに慣れていないと、甘え方が分からず人から見聞きしても実践するのは難しいと考えてしまいますよね。

そんなあなたは、何も言わずに自分から彼氏に抱き付いてぎゅーっとするだけも十分甘えていることになるので試してみてください。

正面からだと照れてしまうという場合は、彼氏の背中に抱きつけば顔を見られることがありません。

無言であっても一生懸命愛情表現してくれる彼女に、彼氏は可愛いと感じてキュンとしてくれることは間違いないでしょう。

♥手を差し出して「はい」と手つなぎおねだり

彼氏の方から手を繋いでくれない時は、自分から手を差し出して「はい」と笑顔で手つなぎおねだりをしてみてください。

無邪気に手を差し出されたら断ることはできないはずですし、彼氏も一瞬で手を繋ぎたくなってしまうはず。

手を繋ぎたいのに彼氏が気付いてくれないからと、不機嫌になってしまってはせっかくのデートも台無しになってしまいます。

毎回デートの度にこの甘え方をしていれば、いつの間にか彼氏から自然と手を繋いでくれるようになるでしょう。

♥可愛い声で「まだ帰りたくない」とつぶやく

デートの帰りのちょっとしたワガママも、彼にとっては可愛い甘え方だと感じてキュンとしてしまうものです。

別れ際になったら彼と目を合わさずに「まだ帰りたくない」と、可愛い声でつぶやいてみましょう。

彼に直接言うのではなく、思っていることがつい口に出てしまったという風に言うと本音だと感じてもらえるので可愛さも増します。

もちろん彼に聞こえなければ意味が無いので、ある程度の声量で服の裾を掴みながらなど動きも加えてみるとさらに良いですね。

♥さり気なくもたれ掛かる甘え方は外でもできる

外でも嫌がられない甘え方を知りたいというあなたは、さり気なくもたれ掛かる甘え方で彼に可愛いと思ってもらいましょう。

映画館や電車の中など隣に座る機会が訪れたら、思い切りもたれ掛かるのではなく少しだけ体重を掛けるようにするだけでOKです。

この甘え方なら周囲にもベタベタしている感じを与えないですし、彼には甘えていることが伝わるので可愛いと思ってもらえます。

もたれ掛かると彼氏も「頼りにされている」という気持ちが生まれるので、悪い気分にはなりません。

いかがでしたか?

男性は基本的に人前でベタベタしすぎることを嫌う傾向にあるので、できるだけ人目につかない場所や2人きりの時に甘えてみてください。

常に甘えるのではなく2人きりの時だけ甘えるほうが、普段とのギャップも生まれるので可愛いと感じてもらえるでしょう。

また、彼氏が嫌がる甘え方がどんなものかを把握しておき、ウザいと思われないような配慮をすることも大切です。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男性が尻軽女だなと思う女性の特徴5つ この子もしかして遊んでる?
「セックスがしたい」と女性が思う瞬間とかわいく伝える方法7つ
女性の頭を撫でる男性心理5選 好意があるの?それとも妹扱い?
バックで男は超興奮ッ!メロメロにさせる「後背位のやり方」とは?
不倫カップルが帰宅前「泣く泣く削除するラブLINE」を覗き見!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加