4月21日の注目映画第1位は『すんドめNew』

4月21日の注目映画第1位は『すんドめNew』

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/04/21
No image

『すんドめNew』(C) 岡田和人(ヤングチャンピオン) (C) 2017「すんドめNew」製作委員会

4月21日に映画サイト「シネマトゥデイ」でアクセスの多かった注目映画ベスト10です。

第1位『すんドめNew』(4月22日公開)

(C) 岡田和人(ヤングチャンピオン) (C) 2017「すんドめNew」製作委員会

岡田和人の人気コミックを、ミスヤングチャンピオン4代目グランプリの小田島渚主演で実写映画化したエロチックコメディー。転校生の美少女に「SEXをしない」などの約束を強要された童貞の男子が、彼女に振り回されながらも奮闘する姿を描く。ヒロインに一目ぼれする男子を『宇田川町で待っててよ。』などの川合諒が演じるほか、小澤らいむ、松嶋えいみ、川崎あやらグラビアアイドルが出演する。監督は『映画版 ふたりエッチ』シリーズなどの横山一洋。

第2位『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(9月16日公開)

No image

(C) 2017「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」製作委員会

コラムニストとしても活躍する人気漫画家・渋谷直角のコミックを、『モテキ』シリーズなどの大根仁監督が実写映画化。ミュージシャンの奥田民生に憧れを抱く雑誌編集者が、仕事で出会った美女に心を奪われ奔放な彼女に振り回されて苦悩する姿を、全編に奥田の楽曲をちりばめて描く。さえない主人公を妻夫木聡、彼を魅了する魔性のヒロインを水原希子が演じるほか、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキー、松尾スズキといった俳優陣が出演。

第3位『美女と野獣』(4月21日公開)

No image

(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ディズニーが製作した大ヒットアニメ『美女と野獣』を実写化した、ファンタジーロマンス。美しい心を持った女性ベルと野獣の恋の行方を見つめる。メガホンを取るのは、『ドリームガールズ』や『トワイライト』シリーズなどのビル・コンドン。『コロニア』などのエマ・ワトソン、『クリミナル・ミッション』などのダン・スティーヴンス、『ドラキュラZERO』などのルーク・エヴァンスらが顔をそろえる。幻想的なビジュアルに期待が高まる。

第4位『アウトレイジ 最終章』(10月7日公開)

No image

(C) 2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

北野武監督が裏社会にうごめく男たちの仁義なき戦いをあぶり出し、ヒットを飛ばした『アウトレイジ』シリーズの完結編。今作は前回の壮絶な権力抗争の後日譚(たん)となり、底なし沼のような戦いに身を投じる男たちの悲哀を描く。前作同様ビートたけし、西田敏行、塩見三省、光石研らが豪華共演。最後の花道を飾るにふさわしい迫力に圧倒される。

第5位『無限の住人』(4月29日公開)

No image

(C) 沙村広明/講談社 (C) 2017映画「無限の住人」製作委員会

監督・三池崇史、主演・木村拓哉で、国内外で高い評価を受ける沙村広明の人気コミックを実写映画化したアクション。無為に生きる不死身の剣士・万次と、復讐(ふくしゅう)のために彼を用心棒として雇った少女・凜が、壮絶な戦いに身を投じる姿が描かれる。オール京都ロケで撮影された、残酷かつ躍動感あふれる世界観の映像、三池監督の演出と木村による殺陣にも注目。

第6位『ワイルド・スピード ICE BREAK』(4月28日公開)

No image

(C) Universal Pictures

世界的なヒットを記録したカーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第8弾。ヴィン・ディーゼルふんする主人公ドミニクの裏切りによって、強固な絆で結ばれていたファミリーが崩壊の危機にひんするさまを描く。ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲスといった続投組のほか、オスカー女優のシャーリーズ・セロンとヘレン・ミレン、クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドら豪華キャストが新たに参戦。意表を突く波乱の展開に加え、巨大潜水艦まで登場する氷上カーチェイスにも注目。

第7位『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』(4月15日公開)

No image

(C) 2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

コミックとテレビアニメの双方で人気の青山剛昌の原作による『名探偵コナン』シリーズの劇場版第21弾。テレビ局爆破事件と、百人一首の大会優勝者の殺害事件を追う江戸川コナンや服部平次たちの活躍を描く。『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』から監督を務めてきた静野孔文が本作でも続投。工藤新一と毛利蘭の恋模様、原作の今後にも大きく関係していく大岡紅葉の登場が見どころ。

第8位『バーニング・オーシャン』(4月21日公開)

No image

(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『ローン・サバイバー』のピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグが再びタッグを組んだパニックムービー。2010年に実際にメキシコ湾沖で起きた事故を題材に、石油掘削施設内に取り残された作業員たちの脱出劇をドラマチックに描写する。『ヘイトフル・エイト』などのカート・ラッセルや『RED』シリーズなどのジョン・マルコヴィッチらが共演。臨場感たっぷりの手に汗握る展開に引き込まれる。

第9位『トランスフォーマー/最後の騎士王』(8月4日公開)

No image

(C) 2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved

世界的ヒットを記録しているSFアクション『トランスフォーマー』シリーズの第5弾。地球に迫る危機に、人類とトランスフォーマーの混成チームが立ち向かう。前作に引き続き、マイケル・ベイ監督がメガホンを取る。マーク・ウォールバーグ、スタンリー・トゥッチ、ジョシュ・デュアメルのほか、名優アンソニー・ホプキンスらが出演。これまでのシリーズで提示された謎の数々が明らかになる物語、金属生命体の創造主の登場に注目。

第10位『メッセージ』(5月19日公開)

No image

テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは、『ボーダーライン』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。『ザ・マスター』などのエイミー・アダムス、『アベンジャーズ』シリーズなどのジェレミー・レナー、『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーらが結集する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『美女と野獣』をもう一度観たくなる! ライブオーケストラで昆夏美・山崎育三郎が生歌唱
高杉真宙、”風鈴の音のみ”の主演映画特報 - 京都舞台に揺れる姿映す
ハリソン、“若きハン・ソロ”の映画は変な気分
山本美月、伊野尾慧ら #ピーチガール 原宿駅をジャック
Amazonビデオで見られる「仕事」について考えさせられる映画5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加