ヤクルト 代打・大松が同点2点打 胴上げ阻止へ少数・燕党盛り上がる

ヤクルト 代打・大松が同点2点打 胴上げ阻止へ少数・燕党盛り上がる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

7回ヤクルト2死二、三塁、右前へ同点適時打を放つヤクルト・大松尚逸=マツダスタジアム(撮影・田中太一)

「広島-ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

ヤクルトは今季2勝8敗と大きく負け越しているマツダスタジアムにおいて胴上げ阻止へ、七回に同点劇が起きた。

2点を追う2死二、三塁。2番手・石山に対して代打・大松が送られた。カウント0-2と追い込まれたが、先発・薮田の投じた3球目をしぶとく右前にはじき返し、走者2人が生還。真っ赤に染まる完全アウェーの中、ラッキーセブンで同点に追いつくと、パフォーマンス席の燕党も大盛り上がりだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武、ソフトバンク戦2試合連続サヨナラ勝ちのグッズ発売!
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
すごくハミ出てます...... “カープ女子” 菜乃花、リーグ優勝をギリギリビキニで祝福!
プロ野球史上初の快挙 楽天に助っ人「シーズン20発トリオ」誕生
小笠原、雪辱の151球=プロ野球・中日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加