最新ランキングをチェックしよう
16世紀にメキシコのアステカ文明を壊滅的な状況に追い込んだ伝染病の実態が「死者の歯」から浮き彫りに

16世紀にメキシコのアステカ文明を壊滅的な状況に追い込んだ伝染病の実態が「死者の歯」から浮き彫りに

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/01/16

By Siddie Nam
1519年にスペイン人のエルナン・コルテスがメキシコに上陸してから数十年の間、先住民族であるアステカ人の間では人類史上最悪とも言われる謎の伝染病がまん延して壊滅的な状況に陥りました。埋葬されていた当時の死者の歯を調査したところ、その原因は「サルモネラ菌」の一種であった可能性が浮かび上がっています。
Salmonella enterica genomes from vic

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
“フミヤの息子”フジ藤井弘輝アナの「あるまじき失態」に批判殺到!
メーガン妃挙式、キャサリン妃妹のドレスが“緑茶ボトル”に激似と話題!
【炎上】日大アメフト宮川泰介選手が極悪な大人たちの実情を暴露「違反行為の指示を断れなかった」「追い詰められていた」
ガストの弁当にカエル混入 すかいらーくが謝罪
【日大選手会見3】暴力と言われても...の質問を弁護士が制止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加