最新ランキングをチェックしよう
16世紀にメキシコのアステカ文明を壊滅的な状況に追い込んだ伝染病の実態が「死者の歯」から浮き彫りに

16世紀にメキシコのアステカ文明を壊滅的な状況に追い込んだ伝染病の実態が「死者の歯」から浮き彫りに

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/01/16

By Siddie Nam
1519年にスペイン人のエルナン・コルテスがメキシコに上陸してから数十年の間、先住民族であるアステカ人の間では人類史上最悪とも言われる謎の伝染病がまん延して壊滅的な状況に陥りました。埋葬されていた当時の死者の歯を調査したところ、その原因は「サルモネラ菌」の一種であった可能性が浮かび上がっています。
Salmonella enterica genomes from vic

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
精神疾患は、やっぱり遺伝に関係があった?
火星に向かったTeslaのロードスターの軌道をシミュレーションする「Where is Roadster?」
1万年前に描かれた洞窟の壁画は宇宙人なのか?NASAに調査を依頼(インド)
吸血コウモリは「進化の成功者」 研究
地球の細菌に勝てなかった『宇宙戦争』の火星人 医師の解釈は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加