もはやスマホは必要なし?人工知能搭載のスマートヘッドホン「Vinci」

もはやスマホは必要なし?人工知能搭載のスマートヘッドホン「Vinci」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/12/01
No image

米スタートアップInspero Inc.は、クラウドファンディングサイトKickstarterにおいて、ワイヤレススマートヘッドホン「Vinci」の出資を受けつけている。

同アイテムの最も大きな特徴は、人工知能によって駆動するパーソナルアシスタントを搭載している点にある。音声を介してコミュニケーションを取ることができるので、ユーザーが話すだけで音楽の再生/停止、通話はもちろん、翌日の天気を教えてくれたり、ジョークを言ってくれたりもする。32GBの内蔵ストレージに保存した音楽はもちろん、スタンドアロンでWi-Fi/3Gデータ通信に対応するため、人気のSpotifyやAmazon Musicの音楽を再生することもできる。データ通信に対応することから、Uberで配車を頼むことだって可能だ。デュアルマイクノイズ低減技術が採用されているので、目的の音から周囲のノイズを取り除くことができ、高い音声認識精度を誇る。本体右側に搭載されたタッチパネルにより、物理的に操作することも可能。

さらに、「Vinci」はユーザーの習慣や好みを学習する。ユーザーの活動状況や心拍数、ランニングのペース、用途にあわせて、音楽を選んでくれるので、もはや再生する音楽を自発的に選ぶ必要はない。

モデルはエントリー向けの「Vinci」とハイエンド向けの「Vinci Pro」がラインナップ。ユーザーにとって最も適切な位置で音楽を再生するヘッドトラッキング機能や、立体的でプレミアムな音質を実現する3Dサウンド機能を搭載しているほか、ハイエンドモデルはスマートノイズキャンセル機能を備えており、ノイズの多い環境でも音楽を快適に聞くことができるよう調整してくれるなど、ヘッドホンとしてのスペック面も充実。サンフランシスコで行われたデモで、利用者が音質のすばらしさに驚く様子も公開されている。

もはやスマートフォンは必要ないのではないかとさえ思う「Vinci」だが、本稿執筆時点で129ドル(約1.5万円)から入手可能となっている。ユーザーの手元には、2017年3月頃に届く予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Amazonセール速報:プライム会員限定! フリーテル「容量増加SIMカード」発売
モバイルにおけるクラウドストレージのシェアが判明、他を圧倒するダントツなサービスは?
年末のAmazon祭り! 「サイバーマンデーウィーク 2016」 6日からスタートです
レジの行列から開放!「Amazon Go」が2017年に登場へ
「感情エンジン」を搭載!...ホンダがコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」をCES 2017で展示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加