日本ハム平沼が適時二塁打「初球から積極的に」

日本ハム平沼が適時二塁打「初球から積極的に」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

日本ハム対ソフトバンク 2回裏日本ハム2死一、三塁、右翼線に適時二塁打を放つ平沼(撮影・黒川智章)

<日本ハム4-5ソフトバンク>◇16日◇札幌ドーム

日本ハム平沼翔太内野手(23)のバットからタイムリーが飛び出した。

2回、1点をリードしてなお2死一、三塁と追加点のチャンスで、二保の初球に反応し、右翼線を破る適時二塁打を放った。「みんながつないでくれたチャンスだったので初球から積極的にいきました。1回にチャンスをつぶしていたし、何としても打ちたかったので追加点になって良かったです」と振り返った。

1回無死一塁で迎えた第1打席では、三ゴロ併殺に倒れ悔しがったが、第2打席でしっかりと結果を出した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加